公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
などなど[演劇]
GW中はこつこつ台詞をやっていて、はしゃがず騒がず。
先週は下北沢で久しぶりに柄本さんと呑み、次の日は古井戸秀夫さんの受賞パーティーだった。大著『鶴屋南北』で氏は色々賞を取られたのである。 
古井戸さんは199〜何年だか、私を最初に大学に引き込んだ方である。早稲田大学で私は現代演劇の座学と早稲田では30年ぶりという実習授業を依頼された。
そう言うわけで、三年間、野村万之丞氏、和栗由紀夫氏とで学生指導し、公演を行った。お二方はすでに鬼籍に入られている。いやはや時間である。
当日、会場の学士会館に向かう足取りは決して軽くはなく、というのは学者ばかりで私などほとんどオヨビデナイのではないか。ところが、その実習の学生をはじめ、思いのほか知り合いが多く、わいわい過ごした。古井戸氏の大著はボリュームがある故に、読むのに一生かかるのでは、などという声もあったが、そんなはずはない。時間を作って集中すれば、一気に読める読み物と予想する。まさかスピーチを指名されると思わず、つまらないことを喋った。
一気に読んで語りたかったと悔いる。

翌々日は久しぶりに京都。
来月の『4』の実験上演の準備である。
日帰りなので神馬の時間はなく、京極スタンドで軽くひっかけ、乙羽で蒸し寿司、高島屋で蓬莱の豚まんを買って帰る。
2019-05-21 11:59 この記事だけ表示