公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日[演劇]
みなさん、いかがおすごしでしょうか。
わたくし、コツコツ書いております。
合間にけっこう映画を観ています。
ウィリアム・フリードキンの『恐怖の報酬』。
これは公開当時観ているのだが、今回の監督編集バージョンを観ると、四人の男たちの事情を描く前半が以前ではざっくりカットされていて、ラストの男二人組の意味がさっぱりわからなかった。罪なカット事情だ。フリードキンの映画には商業映画からはみ出るザラッとした居心地の悪さと、生きることの焦燥があって、それは単にキャラとストーリーがサスペンスという以上に異世界、非現実世界への形而上学的な視線がある。『フレンチコネクション』にもそれはあるし、大ヒット作『エクソシスト』にもある。この『恐怖の報酬』もクルーゾーのとの違いはサスペンスより運命が重要とされている。
ジャック・ドゥミの『ローラ』は初めて観た。シェルブール、ロショフォールの要素が全て詰まっていて、ひどく面白かった。
アニュエス・ヴァルダの『幸福』を久しぶりに観たが、つくづく過激な映画だ。
3本とも新作ではない。映画は見直しが出来て嬉しい。演劇がこういうことが可能だったらとつくづく思う。録画ではなくてライブをそのまま、今日は久しぶりに寺山の舞台を再見してみるかってなふうにだ。それが出来たら演劇評論もずいぶん変わるだろうに。

2019-04-30 18:52 この記事だけ表示