公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
イチロー
深夜、イチローの引退記者会見をすべて見た。この人はほんと日本という社会の規格外にいる人なんだと確認できて面白かった。
この人の前だと、日本人記者達の質問はほとんどつまらなく聞こえてくる。
というより、懸命に感動ストーリーを作り上げようという意図が記者側にみえみえで、イチローはそれを飄々とずらしていくのである。
質問に答えた後、何度となく「だいじょぶ?おれ変なこと言ってない?」と記者達に尋ねるイチローを私は理解する。
感動物を作り上げようと、何を答えても緊張して無表情の日本人たちへの正直な戸惑いである。
それとも記者達は単にくたびれて、おなかが減って、眠かったのだろうか。
日本人アスリートのインタビューの受け答えはおおむねつまらいない。当たり障りなさすぎであり、察するにそのように応対せよと教育されているのだろう。
国連の各国の幸福度ランキングとやらでは、日本は58位で、「社会の自由度」という項目が圧倒的に低いせいらしいが、こんな与太めいたランキングなどどうでもいいと言ったらどうでもいいが、「社会の自由度」の低さに関しては賛同する。
日本社会の自由度は低い。世に出ている者は絶えず空気を読み、好感度に関して神経質であらねばならない。
恐らく、それが和を大切にする社会の特性なのだろうが、みんなして糞詰まりの無表情で黙々とつまらなそうにしているのが、東京の街だとたまにつくづく思う。
そういえば、イチローはメジャー・ベースボールに連携プレーを期待するのは早々に諦めていたといった趣旨のことも語っていて、あちらではみんなエゴ丸出しの個人プレーばかりなのだろうと想像できて、そうなると一概に和の社会の批判はできない。
とにかく、スポーツをことごとくチープな感動ストーリー一色に染め上げようとするスポーツ・メディアの不自由さはテレビをつけると常に感じるもので、来年のオリンピックではその手の暑苦しい感動の押し売り、押しつけに満ちあふれるのだろうと想像すると、心底うんざりする。
オリンピックに嫌な予感がするのは、東京が人で渋滞するという物理的な不便を指しているのではなく、そうした精神的な渋滞の光景の量産で世間が一杯になるのではないかという不吉さからなのだ。
2019-03-22 11:37 この記事だけ表示