公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
十郎[演劇]
一昨日は座・高円寺で劇作家セミナー、二時間フルにしゃべった。受講者からは静かな熱気があふれており、先月の大分での劇作家大会の熱気といい、劇作、元気だな。新人の戯曲も若い小説より確実に元気。

古本屋で『泣かぬ鬼父三好十郎』を見つけ、読んだ。面白かった。
実娘でしか書けないことに満ちている。
「頭のわるい人間は、だめだ。なにを言っても理解出来ないし、想像力もとぼしいのでどうしようもない。頭のわるいやつは、だめだ」
自ら立ち上げた劇団戯曲座の稽古場から帰宅しての三好の言葉である。
三好の代表作『浮標(ぶい)』を劇団員が「うきぶね」と読んだと激怒している場面も描かれている。
なんだか、昔の新劇も変わらなかったんだなあと安心してしまう。
劇団時代、何度劇団員にあきれ果て、絶望したことだろうなどと感慨深いものがあった。
三好の女性関係なども書かれていて、興味深い。
三十代の折り、傍らにハイナー・ミュラーを置きつつ、三好十郎を近所の図書館の全集でその戯曲のほとんどを耽読した時期がある。
こういう劇作家が日本にいたんだという驚きからだった。
今読むとどう感じるだろうか、再読の誘惑に駆られる。

十郎という名前は三好からとったのだと唐十郎氏が言っていたと小耳に挟み、テントの飲み会で本人に事実かどうか尋ねたことがある。
「うーん」とうなり、否定も肯定もしないので、私が「面白いのですが、どう思いますか?」とさらに尋ねると、
「なんで外国を舞台にして外国人を書くんだ。何がゴッホだ。その一点でだめだ」
とまくしたてた。もうすでに随分酔っている頃である。真意はわからない。 
そばで聞いていた記者が、唐十郎と三好十郎を同線上に置いた記事を書かないかと私に言ってきたが、その後何の連絡もなかった。
2019-03-01 15:56 この記事だけ表示