公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
翻訳のこと[演劇]
『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』を読んだ。村上春樹の小説の英訳出版のプロセスを書いた本でいろいろ考えさせられた。
それにしても変なタイトルだ。どういう意味だ?
初期の英訳には随分と意訳があるというのには、そういうことはあるだろうぐらいの程度だが、『ねじまき鳥クロニクル』ではアメリカ読者が読みやすいように、翻訳者がかなりのアダプテーションを施しているというのには、へーっと驚いた。
第三部は大幅に削除し、ところどころ章の入れ替えをしているということだが、まあ作者が了解しているのであればいいと思うし、私なんぞ『ねじまき鳥』はなんか止まらないジャズの即興みたいに読めて、第二部止まりで十分と思っていたので、第三部のカットには賛同したい思いだ。
日本の小説が海外でヒットするには、これぐらいいろいろ当地の文化、生活に合わせて改変しなければならないのだという現実がよく理解できた。
戯曲の場合、マーケティングがないので出版は当てはまらないが、上演されるとしたら、こういうのと似た事態につきあわされることになるだろうと想像する。
日本人はアメリカ人に、舞台は日本からアメリカに。ディテールはアメリカ仕様で。
となると、これはもうほとんど映画で為されるリメイクに等しい。
となると、劇作家はもうほとんど原作者というクレジットが相応しい。それで原作料をがっぽりいただければ構わないというなら、それはそれとしていいが、それはもうアメリカにおける日本戯曲の翻訳上演ということではなくなるだろう。
ブロードウエイとかウエストエンドとかになれば、ことは翻訳戯曲に止まらず、自国のものの上演に際しても、それ仕様の改変が要求されるだろう。
ブロードウエイ・ミュージカル『ヘアースプレー』を見ると、そこにはジョン・ウォーターズの映画『ヘアースプレー』はと゜こにもない。ウォーターズの名前さえあるのかないのかといった扱いだ。見返りとしてがっぽりもらっているのだろうが、辛味のなかなか噛みきれないホルモン焼きがお子様も食べられるハンバーグになったようなものだ。
こういうブロードウエイ仕様改変を恐れ、嫌い、チャールズ・ラドラムはブロードウエイからの誘いを終生断ったとデヴィット・カウフマンの伝記には記されている。
まあ、私の戯曲がブロードウエイから誘われる恐れと驚きはまずないだろうから、吠える必要はないものの、つまり、いかに日本の戯曲が海外で上演されることは難しいかということだ。リーディングまではいっても上演となるとなかなかにない。リメイクとまでいくとやり過ぎだが、その国用の改変は多少なりとも必要になっていくだろう。
それに比べて日本のほうはと言えばせっせと英米戯曲を訳して、ありがたやありがたやとせっせと正確な上演の努力をし続ける。
なんと、けなげな国民だろうか。英米のみならず、ドイツ、フランスコンプレックスも払拭できてはいないんだけどね、日本の演劇は。
まあ、勉強は必要なんですがね。ちょいとナショナリストになりますね、私は。

2019-02-22 13:29 この記事だけ表示