公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー[映画]
ファスビンダーの『13回の新月のある年に』と『第三世代』を見た。『13回』が愛の原理で『第三』が情動の原理とでも言えばいいのだろうか。
これまで日本で未上映でDVD化もされていなかったのは、その原理の強度故の難解さを危惧されてのことなのだろうか?上映された今となっては、そんな問いはどちらでもいいといえばいいが、果てしなく幼稚になってしまった現在における、「わかりにくい」「わかりやすさ」を巡る低級な言説にあえて乗るとすれば、二作とも難解故に批判されるとしたらお門違いも甚だしい。第一に、この映画たちは難解ではない。第二に、難解だとしても、それは映画のせいではなく、人間の人生を描くという無謀な行為においては至極当然だということだ。わかりやすい人生があるものか。あったとしても、それは難渋さを突き抜けた境地につぶやくことのできる、わかりやすさだ。
そうしたわけで、この二作を咀嚼するには、ファスビンダー原理丸出し故の噛みごたえがあり、口当たりはよくない。
しかし、口当たりのいい映画ばかりの昨今、ファスビンダー原理に、しかも映画館で接すると本当にうれしい。今はどこもかしこもセンスのいい映画ばかりだ。思想とセンスが同線上でしのぎを削り合う映画はなくなってしまった。今やある映画を褒めるということは、思想の存在をはなから諦めてセンスの強度にとりあえず満足する素振りを見せることに他ならない。
老婆心ながら注釈しておくと、思想とは政治的スローガン、社会的メッセージを意味するものではない。
まあ、しかし、映画は40年前のものをこうしてきちんと見られるのだからまだいい。
新しく開場されたアップリンク吉祥寺で見た。味気ないシネコンに寄るでもなく、カルト・シアターに安住するでもない、その造りがいい。

さて、ファスビンダーに久しぶりに接して、演劇人クリストフ・シュリンゲンジーフのことを思い出した。去年の八月、イメージ・フォーラムで『フリークスター3000』、『友よ!友よ!友よ!』、『外国人よ、出て行け!』を見た。後の二作はシュリンゲンジーフの行為のドキュメンタリーである。いずれ、これらのことを長文で書きたいと思っている。相当厄介である。が、今となっては単純とも言える。厄介なのはやはり時の経過であって、例えば『友よ!』で開設されたシュリンゲンジーフ主導のホームレス・シェルターは現在どうなっているのだろうか、ということを知らされなければ論じることができない。
『外国人よ』で撮られた難民申請者コンテナは、天井桟敷の市街劇『ノック』の進化型であるが、難民申請者たちが本当のその人たちであったのか、仕込みであったのかあたりを知りたいところである。現地及び研究者のあいだではそれらのことは了解済みなのであろうが、私は知らない。そこらへんの事情などを上映に併せて、どなたか語ったり書いてくれればいいものを、この手のものを手がける人種はやたらもったいぶって情報を小出しにしか知らせない。
それにしても、『外国人よ』で映された市街劇というか「演劇」も、今となっては、こうしたものがまだ成立し得る時代であったという意味合いで、どこかのどかに見えてしまう。
2019-02-15 14:15 この記事だけ表示