公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
キャグニー[映画]
ジェームズ・キャグニー主演のミュージカル『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』を見た。
まあ、驚いた、驚いた。
まずキャグニーがこれほどダンスがうまいとは知らなかった。ブロードウェイ・ミュージカルの原型を作ったとされるジョージ・M・コーハンの伝記映画で、フレッド・アステアが断ったのをキャグニーが引き受けた役だという。つまり、キャグニーはアステアと同レベルの踊り手だったのである。
あとでキャグニーがボードビル出身と知って、なるほどと合点した。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんある。

しかし、真に驚いたのは実はこのことではなくて、この音楽映画が臆面もない国威高揚映画であることだった。
製作年は1942年、映画が説くのは、まさしく悪い日本人征伐のための「よい戦争」への銃後を含めての賛同と参加推進である。
映画は、ラスト、兵士の行進シーンで終わるが、彼らはまさしく太平洋戦線に向かわんとする米兵である。
こうしたことは置いておいて、キャグニーのダンスの才に瞠目すべし、といった見方もあるが、別物ではないと私は見る。
物語のなかで描かれたイデオロギーは画面、舞台すべての要素が請け負っている。
だから、これもラスト近くの、ルーズベルト大統領から勲章をもらって喜色満面の主人公がタタタと官邸の階段を下りるあのリズムは、戦場での小銃の銃声なのだ。唖然と口を開けて見入ってしまうアメリカ愛国、ナショナリズム映画だった。能天気に傑作ミュージカルなどと言っていられるものか。
津野海太郎氏の『ジェローム・ロビンスが死んだ』によると、当時キャグニーは非米活動委員会から目をつけられていて、自分は共産党シンパではないと証明するためにも、この映画に出る必要があったという。かの赤狩りから逃れるためというわけだ。
まあ、理解はできますがね。というのは自分だってそういう立場になればそうするかも、という意味合いで理解というのだが、無政府主義的ギャングスター、キャグニー像が彼の全体像ではなかったことを知って見方を変えさせられた。
ブロードウェイという場所の本質もまた、単純さ故に複雑だ。
ショービズはかくも簡単にイデオロギーと結託する。
資本主義と政治は常に兄弟杯を懐に隠し持っている。
ブロードウェイだ、ウエストエンドだかには気をつけろ。

だから演劇をベルリンで学べ、というのがドイツ演劇(ベルリン演劇)至上主義者達の、相も変わらぬ挑発だが、こうした念仏にも聞き飽きた。日本はドイツではない。
と飛躍してしまったのは、ここ数日イメージフォーラムで、シュリンゲンジーフを見ているせいだ。

2018-08-09 14:43 この記事だけ表示