公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
レポート4[演劇]
いよいよ公演、ファイナル・ウィークである。
ニューヨーク・タイムズをはじめ、いろいろな劇評が出ているようだ。

さて観光について書こう。
美術館はハドソン河沿いのホイットニー美術館がお薦め。展示の企画がいいし、各階に広いバルコニーがあり、鑑賞に草臥れた時、新鮮な外気を吸ってかつては食肉市場だった周辺、ダウンタウンのウエストを眺望できる。
現地でホイットニーと言っても通じない。ウィットニーと発音するのでご注意を。
美術館を出ると、すぐにかつて高架線路だったのを歩道にしたハイラインの出発点があり、アップタウンまで、ここも素晴らしい眺めを堪能できる。

今回初めて知らされたのは、ベルトルト・ブレヒトの孫が経営しているチョコレート店だ。
トークバックの後、ドイツ人であるフランクに連れていかれると、なんとラ・ママから数秒、通りを挟んではす向かいのこじんまりとした店であった。

6F0B3112-ABC0-4F2C-AC0C-B1DA6A5D672C.jpeg

33F5C2B7-8139-4D80-8B8E-87BF643AAFBF.jpeg

セバスチャン・ブレヒトの店である。
ベルトルト・ブレヒトとへレーネ・ヴァイゲルの息子ステファン・ブレヒトは親の遺産やら上演権料などによって、かなりの資産家だったらしく、チャールズ・ラドラムのリディキュラス・シアトリカル・シアターのパトロンになったり、ヨーロッパツアーに同行して自身も出演したり、その際のドイツ公演ではブレヒトの息子としての威光を発揮して劇団を助けたり、とここまではラドラムの伝記に書かれていることだが、ジェスランによれば、当時のダウンタウン演劇シーンに深く関わり、記事を書いたり、ウースター・グループやロバート・ウィルソンにテキストを提供したり、私生活ではマンハッタン近郊に大邸宅を築き、そこに子供から愛人までを住まわせたとかで、とにかく大活躍だったらしい。
ベルトルトの息子ステファンがニューヨーク・ダウンタウン演劇において重要人物であることが、どれほど日本に伝わっているだろうか?
そのステファンの息子セバスチャンの店がここなのである。
店員の女性がよく目にするブレヒトの写真に目元口元が似ているように思えたのは、単なる先入観からだろうか。
とにかくフランクに大いにチョコレートをおごってもらった。
2018-03-29 17:51 この記事だけ表示