公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
レポート2[演劇]
FACC847C-07BD-40C2-B331-931B43B69AA8.jpeg

グレート・ジョーンズ通り、劇場から徒歩三分、ラ・ママ・ギャラリエの前で。三年間にわたり、ここでリーディングが上演された。稽古場はこの上。

7B131C89-48E6-4432-BE71-D99BA34A5841.jpeg

ラ・ママ正面玄関前。
百年前に建てられ、倉庫、学校、テレビ・スタジオ、稽古場などを経て現在、一階ボックスオフィス、二階劇場、三階事務所、そして四階のドミトリーに宿泊したのであった。

3D5FECE0-2FEE-40B4-AD51-A8AD99CB3B7F.jpeg

28DC6766-801F-47BC-AECC-A825B43C91C7.jpeg

階段を上がると、

FFB611A2-239D-4C00-A7C6-134B5D875066.jpeg

入り口扉。

A10CC024-C7E2-419F-96DE-60A8F40F1C87.jpeg

広い居間。

D6A5E717-9BBB-4C30-BCE1-1D883B61326F.jpeg

平井佳子が来るまでのおよそ二週間、この集団用のドミトリーにひとりで暮らしたのである。夜も更けると建物には文字通り私ひとりだ。テレビはなく、週末は窓の外から四丁目の喧騒が流れ込んでくるが、平日はシンとしている。バーで一杯やってベッドに横たわり、いろいろ物を考えるという、なんとも風情満載の日々であった。
幾千もの演劇人の微かな気配。そして、確かめなかったが、エレン・ステュアートが生前暮らしていたフロアーらしい。
とは言うものの、私に霊感の類いの能力はかねてより皆無で、しかし味方になってくれるという確信があった。ここに棲まう見えない方々がである。
それにしても階上から降りて劇場に入る私を見て、まるでオペラ座の怪人だと言われ、私こそが、なにやら不思議な存在だったのかもしれない。

9E35286A-B126-4E8C-97D5-79D5E5BC315E.jpeg
朝食。

DCFC0025-A952-42B4-A6FC-A52D3A0FA573.jpeg
窓からの眺め。百年前から様々な人々が見てきた風景。


2018-03-26 11:44 この記事だけ表示