公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
レポート1[演劇]
DISTANT OBSERVERは三年間をかけて行われたセゾン森下スタジオでの、翻訳ワークショップ及びリーディング上演を経ての成果だ。
戯曲はジョン・ジェスランと私でリレー形式が書き継がれていった。
エピソード1『路上にて』をまずはジェスランが書き、後半私が書き継いだ。
エピソード2の『森にて』はまず私が書き、次にジェスランが書いた。
エピソード3『わたしは黄金の破片の上を歩く』はジェスラン、私の順であった。
それぞれのエピソードは独立しているわけではなく、1から3までストーリーは繋がっている。
1、2のタイトルは私が考え、3はジェスランがつけた。
こうして通常の日本のページ分量から計算すると一時間半ほどの上演と予測できる一本の戯曲が完成した。

ジェスランはラ・ママ・シアター経由でニューヨークの日本国際交流基金に予算を申請し、それが通って今回の上演とあいなった。
演出も共同でということで、私の書いたパーツはジェスランが演出し、ジェスランのパーツを私が演出した。結果的にこれがお互い、自分たちが想像だにもしなかったものとなり、功を奏した。それでも全体の統一感は損なわれることはなかった。劇評では共作というのに、縫い目が判別できないほど自然な仕上がりと評価しているが、もともと戯曲の段階でお互いにそれを意識して書いており、リーディング公演において、殊にニューヨークで「どこまでがジョンでどこからがタケシかわからなかった」という感想を受けてはにんまりとしていたのだ。
これこそが、三年間の翻訳ワークショップの成果だ。もっともこのことが上演パンフなどに説明がなかったせいで、ニューヨークの人々の多くが知る術を持てなかったのは残念だ。

さらに演出においても、ジョンのセットデザインのなかで、しかもジョンの十八番ライブ・カメラとプロジェクター使用の演出のなかに入り込み、それらを使うことに私はわくわくしていて、それを実行させた。だから演出においてもふたりの縫い目が見事に消えていたと思う。
初日が開くと、さっそくニューヨークタイムズ、シアター・ワイヤーなどに好意的な批評が出た。
面白いのはふたつの批評ともシュールレアリズムの手法「優美な屍骸」をキーワードとして使っていたことだった。共同戯曲の成果を「「優美な屍骸」というオートマティズム手法から評価しているのだが、実際はそれほどの偶然性は求めてはいなかった。
しかし、書き継いでいく過程に一切の打ち合わせはなかったので、確かに「優美な屍骸」手法の応用とは言える。

さらに照明のジェフリーはジョンとの長いつきあいということで、ライブ・カメラのこつを熟知しており、コンピューター映像担当のディビットの仕事も、なるほどねえと感心して観察していた。
五人の若い俳優達が素晴らしかった。アナスタシア、クレア、カイル、サム、こと葉。
私の演出においては、とにかくスピードとクレージーを求めた。
それでマシンガンの速射のように英語の台詞ががんがん放たれた。それが聞いていてなんとも心地よい。
しかし、まだ幕は下りてはいない。
千秋楽は4月1日である。なにがあるのか私は東京でじっと見守るしかない。

さらにレポートを観光も入れつつ続けたいと思っています。
2018-03-24 13:08 この記事だけ表示