公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
大市民・発表会[演劇]
文学座附属演劇研究所・第57期本科夜間部卒業発表会『大市民』を見に行った。
スピーディーな台詞回しをあえて封印したせいで、台詞がよく聞こえ、ゆっくりとしたテンポが絶妙な間合いになっていて実に面白かった。それらを意識した演出と若い演者の無意識がうまく作動し合っている。
若い皆さんの演技は姑息なことをしていないので、ストレートに台詞が伝わってくる。
2010年ティーファクトリー制作で吉祥寺シアターで初演した音楽劇だが、描かれていることは今、さらにリアル度が増しており、日本は結局この8年間何も変わっていないのだなとため息も出てしまう。

久米大作氏の音楽はそれぞれ名曲である。
この公演で勇退される主事の伊藤正道氏の場内アナウンスも見物である。思えば2001年私が初めて文学座アトリエに書き下ろした『牛蛙』からのつきあいで、といっても私生活で飲み食いしたわけではないのだが、とにかく、これが最後となる氏のアナウンスを見逃してはならない。まるで『大市民』の登場人物のひとりのような、相変わらずの不思議な存在感は必見である。ただし、この時点で大笑いしてはならない。
公演は今日と明日。

見終わって、演出の勝也さんと振り付けのJOUとビールを呑む。JOUは『ハムレットクローン』に出演していたダンサーで久々の再会である。
そんなこんなで楽しい夜であった。
2018-02-24 12:51 この記事だけ表示