公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
戯曲のことども[演劇]
『嗤うカナブン』がいろいろ話題になっていて、私に関していうと、こういう戯曲を書くのか!と驚かれたりもしているが、ナンセンスに関しては、これが初めての戯曲ではない。
たまたま来週23、24、25日、文学座附属演劇研究所本科夜間部卒業発表会で上演される『大市民』にはコント、ギャグが横溢しているし、80年代の初期の戯曲はほんっとナンセンスに満ちている。新宿の暴れ者とか呼ばれ、ラディカルだアナーキーだと言われているが、なかなかナンセンス・テイストは言及されない。
1982年の『世紀末ラブ-西暦2008年のロミー・シュナイダー』は歌舞伎町のおかまバーが舞台で、劇の途中、有名塾の仲代達子という女装ゲイが登場する。
達子はあんとん・ちーほふの芝居を演出していると言う。「ちー」と長く伸ばし残った息で「ほふ」と言う。「チェーホフね」と聞くと、「ちゃうちゃう」と否定して再び「ちー」と気が遠くなるほど伸ばして、聞こえるか聞こえないかの声で「ほふ」と言う。「だからチェーホフでしょ?」と返すとまた「ちー」と始まる。
達子はさらにちーほふの戯曲の紹介を始める。
『わしゃ伯父さん』という劇のタイトルを叫ぶと、何十人もの男が飛び出てきて「わしゃ、伯父さんじゃ」「わしゃが伯父さんじゃ」と主張して殴り合う。
『かもね』と叫ぶとニーナが出てきて、『かもめ』の台詞の語尾にすべて「かもね」をつけて朗々としゃべる。
なんてものを書いていたのだ、私は。
くっだらねえよな。くだらないの大好き。
思えば、変わっていないとも言えるが、自己解説を始めるとろくなことにならないので、これくらいにしておく。
2018-02-16 13:42 この記事だけ表示