公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
劇団[演劇]
私は劇団を解散したが、劇団否定論者ではまったくない。というか、どの役割をやるにせよ、演劇志望者は劇団を経験するべきだと思う。しかもより若い時期、20代30代から。
現在、様々な才能ある俳優とつきあっているが、劇団経験者はすぐにそれとわかる。いい意味で判別できる。舞台に向けての心構え、心遣いが良いからだ。いい加減でなく、またいい加減な素振りを決して見せない。

ここでいう劇団は新劇のものを意味しない。あくまで自前で旗揚げする劇団のことだ。
劇団は厄介だ。旗揚げ時は信念理念を同じにしていても、やるのは人間である。人間の感情のぶつかり合いが必ず勃発し、ねちねちうじゃうじゃしたことになる。
絶対になる。
だが、これが劇団であり、こうした人間感情の生のぶつかり合いを経験するために劇団がある。
そこから生まれる愛憎と葛藤はそれからの糧に絶対なる。
ひとり劇団は劇団ではない。ふたり劇団も劇団ではない。三人もまだだ。7人以上が劇団である。派閥を構成できる人数をもって初めて劇団と言える。派閥形成がいいと言っているのではないが、人間は防衛本能として必ず作る。

そして、演出と俳優間の微妙な愛憎劇。はてしなくちゃちい人間縮図だが、どんな高邁な人格と思想を持った人間もそのクリシェから逃れられないという絶望。しかし絶望している暇はないのだ。劇団は日々続いているのだから。
チャールズ・ラドラムの伝記『リディキュラス!』を読むと、劇団における主宰者と劇団員との葛藤が、国と時代は違えど同じなのだとため息が出る。

劇団は厄介で面倒くさくて、思いっきり人間の本性が見られるからいい。
だが、一生やっていくことはない。5年ぐらいでいい。だから、私が若者に薦めるのは5年限定とあらかじめ了承し合った劇団結成だ。だらだら続けるとろくなことにならない。しかし、緩い関係での劇団など意味がない。例えば劇団公演をかっとばして違う公演に出演するのを許す関係性のもとの劇団など意味がない。一見するといい劇団だが、そんなぬるい、さびしいから集まってるみたいな集団は劇団とは呼ばない。
劇団とは関係の原理主義である。
だが、一生原理主義をやり通す必要はない。
ラドラムも寺山修司も劇団を維持し通したと見えるが、彼らは40代で亡くなっているのである。長く生きていればどこかで劇団を辞めていただろうなどと書くと天井桟敷のOBの方たちに叱られるだろうか。

とにかく劇団は人を強くする。これを通過すれば、そこいらの人生の苦難など屁だ。
打たれ弱くては演劇などやっていけないから、まず劇団で打たれ強くなることを薦める。
誰に向かってこれを書いているのだろうか?

2018-01-20 13:14 この記事だけ表示