公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ファーゴをめぐって[映画]
テレビドラマの『ファーゴ』のシーズン3が終わったが、シーズン2で明らかに失速し、3は前作のテイストとコーエン兄弟のおよそどうでもいい哲学趣味をなぞったものにしかなっていなくて、がっかりした。
シーズン1はストーリーとキャラクターが躍動しまくっていた。予測不可能の殺人に驚愕、震撼したが、シーズンも2となると自然に見ているほうが予測可能になり、さらにキャラの中心に母親をボスとするギャング集団を置いたところで、妙に納得させられてがっかりする。
ギャング集団の行動において、殺人は予測不可能ではないからだ。
さらに、母中心の息子達の犯罪集団となれば、『傷だらけの挽歌』、『ビッグ・バッド・ママ』(アンジー・ディキンソン!)などが自然と思い起こされ、一瞬わくわくしたのだが、このクリシェとしての犯罪集団が、まさしくクリシェとして物語の躍動にうまく機能されない。
まことに残念だった。
シーズンも3となると、やたら映像をスタイッシュに凝るばかりで、ストーリーは踊らず、気の毒になってしまった。
要所要所で人を煙に巻く展開は、『ツイン・ピークス』の、曖昧さで謎解きカルト・ファンを産み出そうとする戦略のつもりだろうか?
コーエン兄弟がどのくらいまで中身に関わっているかはわからないが、『ツイン・ピークス』のムードとしての不条理とコーエン兄弟の、これもまたいたずらに人を煙に巻くだけの哲学談義の呪縛ばかりを感じるシーズン3だ。
気の毒だ。もうやることがなかったのだろう。

呪縛と言えば、『2001年宇宙の旅』の呪縛から、多くのSF映画は自由ではなくなってしまっている。
宇宙と未来は、ビジュアル・アートの開陳でしかなくなってしまった。
『ブレード・ランナー2049』がいい例で、映像作家たちの野心で、アンドロイドたちは消えてなくなってしまった。
どうだ、凄いだろ、きれいだろという映像を長々と見せられるだけのスクリーンは空しい。
2017-12-28 14:24 この記事だけ表示