公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
アラン氏の思い出[映画]
アラン・ドロンの映画で何本か挙げるとしたら、『サムライ』、『高校教師』、『パリの灯は遠く』の三本。ジャン・ピエール・メルビル、ヴァレリオ・ズルリーニ、ジョセフ・ロージーと、いい監督達との仕事である。『パリの灯は遠く』でアラン氏はカンヌでの主演男優賞を狙っており、取れずに大いに落胆したという。賞というものは狙うと取れない。

子供の頃、『レッド・サン』という大話題の映画があって、三船敏カ、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン三大スター共演だからだった。大いに期待して見に行ってあまりのつまらなさに愕然とした。ドロンはちょろっとしか出ないし、ブロンソンが武士の三船の携帯する弁当のメザシを「不味い」と投げ捨てるシーンだけよく覚えている。
スター共演映画というのは大抵ハズレで、これも子供の頃、マーロン・ブランド、ジャック・ニコルソン共演の『ミズーリ・ブレーク』があったが、あまりのつまらなさに茫然とした思い出がある。監督がアーサー・ペンだから期待したのだが。『小さな巨人』と聞くとアーサー・ペンの映画のほうを思い出す。ダスティン・ホフマン主演の傑作だ。中身は全く似てないけど、長谷川、がんばれよ。

今夜はアラン氏の『チェイサー』を見る予定。
アラン氏は大抵映画の最後で死ぬが、今夜もそうなるのだろうか。