公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ドロン[映画]
暑気、湿気、時差ぼけでほとんどぐたぐだで一週間が過ぎた。
いきなりだが、アラン・ドロン81歳が引退を発表した。スターチャンネルでは一年かけて全作品放映を企画している。アラン・ドロンが演じる、孤独でなにかしらの都合で銃弾を浴び、その傷をこじらせながら(なぜなら医者にいけない事情があるのだ。殺し屋だったりとか)ついには自己犠牲で死んでいく主人公たちが、私の少年期のヒーローであったことをまざまざと思い出す。ジャン・ポール・ペルモンドは明るすぎる。もっとも実生活でつきあうには圧倒的にベルモンドがいいやつだろう。フランス男優ではジャン・ルイ・トランティニアンのあの神経質な表情がいいですね。
アメリカ男優ではロバート・ミッチャム、リチャード・ウィドマーク、マーロン・ブランド、ジャック・ニコルソンなどが青少年期の憧れでしたね。
女優となると、ロミー・シュナイダー、ナタリー・ドロンなどでこのふたりはなんとアラン・ドロンが一度愛した女性達だ。なんという偶然!ってドロンを通して知ったのだけれど。

ドロンの引退映画はパトリス・ルコント監督作品ということで、そこそこの仕上がりにはなるだろう。最後の舞台もあるらしく、引退の花道を飾っての書き下ろしと聞いたが、作者はわからない。タイトルは『野獣の黄昏』。これだけ聞くとあまり期待できないが、これを見にパリに赴くという贅沢をしてみたいものだ。