公演情報
■ティーファクトリー
『オール・アバウト・Z』
川村毅新作・演出
z_webチラシ_表.jpg
【公演日】
2021/11/6(土)〜14(日)
【会場】
ザ・スズナリ(下北沢)
ティーファクトリーHP
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【NHKプレミアムステージ】
2021/11/7(日)23:20〜翌1:31
NHKプレミアムステージ
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
映画版を今さらながら観た。
またマギー・スミスに泣かされる。
テレビの最終回でもそうだった。
2021-11-30 12:22 この記事だけ表示
B116E35C-6285-448A-87CF-055E10C06A13.jpeg

ちなみにネズミを食べてないもん。

2E2F3323-69F3-4397-BA1D-41440749C347.jpeg

これは愛。窓の向こうの塀に時々ハクビシンが駆け抜ける。
たぬきが現れたこともあり。

75F5C31F-E99D-46AA-9E24-36AF256E2A77.jpeg

歌舞伎町。ダイドーのもと、残された片方だけのブーツ。
2021-11-24 12:00 この記事だけ表示
ジョセフ・ロージーの映画に『できごと』という傑作がある。
まあいい。
私のそれは先日の土曜から日曜にかけてのできごとである。
土曜の午後は花園神社の二の酉に行って熊手を買った。酉の市の水島さんとはもう三十年の付き合いである。
それでその晩はウイスキーを久しぶりに呑んで大熟睡であった。
翌日遅くに目覚め、顔など洗い、雨戸を開け、猫たちに食事をやって布団を上げようとすると、枕元にネズミが死んでいるのである。
叫んだ。
とんだ『何がジェーンに起こったか?』状況だ。
オモチャではない、30センチはある堂々たるネズミである。
ヒーっ!ってなもんです。
聞けば、夜中、睦が台所近辺で大運動をやっていたらしく、推測するに、どこぞから入ってきたネズミを睦が捕物で押さえ、やりましたぜ旦那とばかりに私の枕元に置いたようだ。
思えばここ数日、夜中になると、やたらコンロの下を探索する睦であったと合点する。
睦が一点を見つめる先には、必ずゴキブリをはじめとして何かがおり、時折ヤモリが捕らえられてオモチャにされていることもある。
それにしても猫が寝起きし、ヤモリが這いずり、外の塀にはハクビシンが走り、庭の木々には野鳥が訪れ、蜂が飛び、枕元にはネズミが死んでいるという、なんたるワイルドな家!
さらに驚嘆するは睦の捕獲能力。本当の箱入りで狩りの経験はないのだが、消えない本能、素晴らしい!
とはいえ、私、ネズミの死骸にショックで、しばし残像が消えず、睦がこの可愛い顔で30センチものネズミを咥えているのを想像して、わなわな。
ゴキブリはなんともないが、ネズミはこたえる。小夏が弄ぶネズミのオモチャもしばらく目にしたくない。
それにしても謎だ。ネズミはどこから入ってきたのだろう。

1D6EDC59-E96D-428C-8853-19013A976024.jpeg

このドヤ顔。やるときゃやります。
ネズミもとれない弱い猫が増えたと言われるなか、睦、あんたはスゴイ!
2021-11-23 12:00 この記事だけ表示
一週間が経った。
2グループにした結果が思いの外、面白かった。
違う舞台のように仕上がったからだ。私が演出で正解を厳密に求めず、正解があるとも思っていないからだろう。
自分で書いた戯曲なのだから、恐らく正解はあるのだろうが、それをただ当てはめるだけでは面白くないという思いからだろう。
絶対的にこうしてほしいというところは、その通り言うが、人間がやってることだから、最初から正解があるとは限らない。
ひとつの戯曲から舞台を立ち上げることが正解へとたどり着く旅だとは考えていない。
正解などどこまでいってもないという決意のほうがいい。
という決意を表明できる2グループ制は、私に合っているのかも知れない。
体力は必要だが。

ところで、昨日の日曜日、衝撃的な出来事があった。心を落ち着けて次回に書こうと思う。
2021-11-22 16:42 この記事だけ表示
幕が下りた。
無事に終わった。
ところで、あえてこれまで書いていないことを種明かしというわけでもないが書くと、この劇の発想は内閣府が現在進めているムーンショット計画から得ている。これは秘密計画ではなく、内閣府のホームページに出ている。
故に劇の世界観は近未来SFではなく、まさしく進行形の現在のつもりだ。
ムーンショット計画のことを知らない人がけっこう多いのに驚く。
2021-11-14 22:02 この記事だけ表示
早いもんで、明日もう千秋楽だ。
舞台は好調。
昨日はレオと久しぶりに会った。大人になった。
マチネの後、a亭前あたりでふらふら歩いてる柄本さんとまた会った。
明治座の初日が開いたという。草臥れていた。
今日は虎之介さんが観に来てくれた。
いろいろ約束をした。
ソワレは一糸さんと民さんが来てくれて、ここでもまた約束をした。
2021-11-13 22:06 この記事だけ表示
さて、今日もがんばるぞ。
って言ってみるけど、もはやロビーあたりを所在なげにウロウロして、機嫌がいいと、すれ違う人にくだらないことしゃべって自分だけ笑ってるだけですけど。
今日はa亭、ラーチャン食べるか。
2021-11-12 12:01 この記事だけ表示
無事終わる。
悪くない出来であった。
2021-11-11 22:35 この記事だけ表示
昨日が前半チームの千秋楽。
即後半チームの場当たりをしたわけだが、稽古最中も常々感じていたことで、違うので面白い。解釈にそうそう相違はないだろう。造形が違うのだ。それを楽しんでニヤニヤ演出した。
昨日が両チームの初対面だった。こういうことも滅多にないだろう。
今日、初日。
2021-11-11 13:15 この記事だけ表示
俳優諸氏、安定している。
とてもよい。
レディジェーンの前まで行く。
今日は入らなかった。
2021-11-09 22:43 この記事だけ表示