公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【公演日】
2021/8/18(水)〜24(火)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2021/8/28(土)〜29(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日はけろりと元気に稽古。
2021-07-28 21:24 この記事だけ表示
1回目は何もなく、かえって元気になったぐらいなので、ビタミン剤だな、こりゃ、2回目もなんてこたあない、とたかを括っていたところ、甘かった。
まず接種した左腕が異様に痛く、倦怠感が半端ない。
そして見事に発熱、37.5度。
やれやれ。
そういうわけです。
2021-07-27 15:03 この記事だけ表示
順調に、粛々と進んでおります。
今日は休みで、私、2回目のワクチン接種。
明日、台風の影響はどうなるだろう。
2021-07-26 15:34 この記事だけ表示
稽古始まりました。
2021-07-20 21:05 この記事だけ表示
昨日の後味の悪さが、今日になってもまだ残っている。
大相撲は死んだ。
白鵬の顔など見たくもない。
2021-07-20 00:16 この記事だけ表示
日本の大相撲と外国の野球を見ています。
が、名古屋場所、中日から見るのやめた。
つまらな過ぎる!
1年間休んでいた白鵬になぜ、どいつもこいつも勝てない。悪いけど照ノ富士の綱取り興味なし。つまらない!

大谷は素晴らしいが、クボジュンのインタビューは、「悔しいですね」って、お粗末過ぎる。
大谷は凄いが、シンシナティの秋山、マイナー落ちの筒香のことも、私はいつも思っている。
特に筒香、君は今大谷の活躍を横目にどこぞのパブで苦いライウイスキーでもあおっているのだろうか。無愛想な君はアメリカの水は合わなかったか。ベイに帰ってこい筒香。

ところで西武バス、大泉学園出発、吉祥寺行きの運転手はひどいのが多い。乗ろうとしているところ、目の前でドアを閉める。
バスストップには、閉じたバスのドアに近づくなとかいう立て看板が、また待つのに邪魔でしかない場所に設置しているが、利用者への注意より、サービスを考えろと言いたい。
運転手の悪意、憂さ晴らしとしか思えない。
西武バス、本気で考えていただきたい。
2021-07-14 18:17 この記事だけ表示
ジョン・ジェスランの新作がニューヨークはラ・ママで、来週から上演と聞き、ニューヨーク始動かと感慨深い思いでいたところ、私という人間はほんっと単純で、ニューヨークにその新作を見に行った夢をみた。
一日で帰るつもりで行ったところ、なんだか昔のユースホステルみたいなホテルで、帰りの航空券を買っていないことに、はたと気づき、さらにスマホの充電コードを忘れている。
で、なんだかんだで楽しく一日を過ごす。
結局ジョンの新作は見ていない。
帰れないなあ、と呆然としてる。
宿泊している日本人の方から、夜の成田行きの便の情報を教えてもらうが、モロヘイヤ空港という聞いたこともない空港である。
そこでまた呆然としてる。
こういう夢である。
ジョンの新作上演は現実ですからね。
2021-07-09 12:11 この記事だけ表示
イライラするし、むしゃくしゃしながら、新宿三丁目近辺を地回りして、ああ池林房はまだ開かないんだなあとか思いつつ、イライラむしゃくしゃするので、ほんっと久しぶりに末廣亭に足を踏み入れたら、結果として、もう面白くて楽しくて大満足であった。
本当のことを言うと、youtubeで文楽とか談志とか志ん朝を聞いているうちに寄席の空気を吸いたくなり、向かったところ、中入り前は神田伯山というせいもあるのか、けっこうな入りで二階席にもお客が入った。
古今亭今輔の、クイズ番組出演の折りのぼやきはおかしくておかしくて、笑い続けていたのが、笑っているのはほぼ私だけで、どういうわけなのだろうか、この時節大口開けての大笑いを自粛しているのか、客席はどよんとしていてくすりともしない。むっつりした顔で聞いてるのは講談目当ての客層だからなのだろうか、もちろん講談ファンはあまり笑わないというのはまったくの偏見だが。
小泉ポロンの奇術も笑った。こうしたまったりとした笑いはテレビでは見られない。
俗曲の桧山うめ吉は、可愛くて上品で三味線上手で、もう一気にファンになってしまった。おっかけをやろうか。やらないけど。
続く中入り前の神田伯山は、可もなく不可もなくまじめにやった。
中入り後の漫才、宮田陽・昇は初めて見たが、まあ、笑った。こういう寄席の空気のなかならではの笑いを引き出す漫才を見ていると、M-1ごときがなんぼのもんだ、と思う。
続く浪曲の玉川太福の、ふたりの電気工事に携わる男の昼飯をスケッチしただけの現代浪曲、その脱力ぶりがサイコーである。どうでもいいことを浪曲の口跡で唸るので、そのギャップが傑作。
太神楽の翁家喜楽・喜乃の芸がまたまったりしていて見入ってしまう。
そしてトリの神田松鯉の怪談・小幡小平次、聞き入った。クライマックスの場内暗闇、顔照らしのベタな演出もまたある意味凄さを覚える。
大満足。
寄席通いが始まりそうだ。
『4』の稽古が始まるんだけどね。いやいや池袋には池袋演芸場がある。
2021-07-08 13:36 この記事だけ表示
明後日、4日、前売り開始だよ〜ん。
2021-07-02 21:37 この記事だけ表示