公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【公演日】
2021/8/18(水)〜24(火)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2021/8/28(土)〜29(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日曜日の午後、雨降らず、熱心な方々に来ていただき、くっちゃべり、改めて気合が入りました。
小宮山さんは戦友です。
みなさん、ありがとうございます。

それにつけても、モデルナ接種した箇所、1週間経った今日、痛みがあるというのはどうしたわけだ。

983076C7-F069-4703-95B6-F95BEAA77CC7.jpeg
2021-06-29 20:34 この記事だけ表示
あうるすぽっと会議室での、明日の『4』プレイベント、若干チケットあります。
門外不出の映像公開などあり、ウッシッシイベントですよ!
雨ニモマケズ!
2021-06-26 16:16 この記事だけ表示
夫婦別姓のどこに問題があるのか解せない。
それに絡めて、私は現在仕事上のパートナーと婚姻関係にあるが、彼女を「奥さん」「奥様」とか呼ぶ仕事関係者がいて、悪意はないのだろうが、悪意がないというところに日本社会の根深い問題があると思える。
とにかく、私は自然とそう口にする仕事関係者を信じることができない。
ただ不機嫌な顔をしているだけではなくて、はっきり言うべきだったと自戒している。
が、こういう事態は予期しない時に見舞われるので、主張の機を逸してしまう。やはり、人間、社会ではボーっとしてはいられない。
昔、ふたりである内閣府関係の集いに出席した折り、彼女の名札は「令夫人」で、こういうのもどうかと思った。
要するに夫人は人格を認められていないわけだ。
世間様の夫人のほうでも、自分の旦那を「うちの主人」と何の疑問もなく言う方が少なくなくて、その真意がよくわからない。すると自分は家来か奴隷なのだろうか、それを認めているということなのか。
考えなしに慣習で言ってるというならば、やめたほうがいい。マヌケな旦那が図に乗るだけだ。
結婚の折り、「夫唱婦随の演劇を望みます」と祝いのハガキに書いてきた演劇評論家がいて、以後その人の評論は一切目にしないと決めて、今も読まない。
上の世代の演劇人は概ねマッチョで、外国人を前に「私の愚妻です」と紹介したところ、通訳が「マイ・ステューピッド・ワイフ」と訳して、その場が「オー、ノー」の合唱になったことがあった。アングラ第一世代あるあるである。
2021-06-24 14:07 この記事だけ表示
今日、愛、睦の14歳のお誕生日!
小夏は元ヤンキーなので正確な出生日はわからないが、15歳と推測している。
14年間、決して楽ではない日々、この三猫に支えられて生きてきた。大袈裟ではない。救われてきた。
今もこの家は三猫中心、三猫が主人として回っている。

E5133A82-F2E5-4AD3-B5CC-3DA9BA698380.jpeg

A374C251-EFC6-487C-933C-2BFA92B66C4F.jpeg

F383501E-34A8-4897-97C5-CDCFD0C404B7.jpeg

梅が今年も豊作なんです。
2021-06-23 14:33 この記事だけ表示
昨日、日芸江古田で、モデルナ接種して、久しぶりにトレボンのマスターの顔見てきました。
マスターはワクチン恐ろしくて決心がつかないと言う。
とにかく私はなんともない。腕の痛みすらない。
ところで、お酒の好きな私でも、オリンピック会場飲酒販売禁止は当たり前だろうと考える。何を今更。 
スポーツ観戦で飲酒を望む人の目的は、スポーツ観戦ではない。スポーツ観戦しながら飲酒したい、のである。そうした時のビールの味が格別だからだ。
2021-06-23 11:48 この記事だけ表示
いやはや大谷翔平は昨日先発で投げて勝ち投手になり、今日はさっそくホームランを打っている。
日本人の野球選手がMLBで奇跡を起こしている。
存在がスポーツ漫画の主人公だ。

ところで『ポープ』のパオロ・ソレンティーノ演出についてだが、奇をてらった選曲がただただ五月蠅い。まったくの自己満足であり、結局このドラマはバチカン市国のヴィジュアルをネタにしたミュージックビデオだ。調子に乗るな。
2021-06-19 12:58 この記事だけ表示
わたしは、ワクチン、接種してもいいし、しなくてもいい。接種の知らせが来ればやるし、来なければやらない。
ところで大谷のボーク問題だが、専門家から見るとやはりボーク判定は正しいということだ。
ただ1回目のボーク判定の時、大谷の納得いかないとしたポーズが派手すぎだったらしい。こういうことをすると、以後審判団は目の敵にするということだ。だから2回目のボーク判定は、普段だったら、ま、いっかというところをしっかりとられたわけだ。

映画『写真家 森山大道』を観た。
マッチこと町口覚氏がほとんど準主役なので驚いた。見慣れた事務所のなかで繰り広げられるダイドーvsマッチの光景が痺れる。
ダイドーの、クール、ハードボイルドをしっかり記述したこの映画は価値あるものだ。
見終わって、すぐマッチにショートメールを送った。
2021-06-18 13:36 この記事だけ表示
小林隆さんと『4』の取材を受けました。
いよいよ始動。
前売り情報及び、今月27日のプレイベントに関してはティーファクトリーHPをご覧ください。
2021-06-13 15:59 この記事だけ表示
中学高校の体育教師は常に天敵だったので、おかげさまでスポーツをやるのが大嫌いな人間になりました。
しかし、見るのは大好きで、最近はもっぱら日本の大相撲を見、Youtubeで貴闘力部屋を見て情報を得て楽しんでいます。
あと外国の野球です。今日も外国の野球でピッチングをする大谷翔平を見ていたら、なんと一イニングでボークを二回も取られているんです。
一回目など明らかに主審の見間違いです。これはいじめ。アメリカ審判団は大谷つぶしにかかっています。G7で議題に挙げていただきたい。
しかし、その後守備を外野に回った大谷が、ボーク判定した審判に駆け寄り、何やら話していました。
解説の大島氏は、こういう声かけは審判も喜ぶし、大事だとコメントしていました。
大谷って、さすが。大人ですねえ。こういうこと出来るか出来ないかで、人間の器量が測れますねえ。
大谷つぶしは、これから増えるでしょうね。アメリカンドリームじゃないからね。
器がでかいようでせこい。それがアメリカ。
2021-06-12 15:40 この記事だけ表示
友人から電話がくる。
「川村さん、ワクチン絶対やんないほうがいいっすよ」
彼によれば、抗体を作るワクチンの接種前に、まず抗体検査をやるべきであり、有効性も不明が多すぎる。そもそも菅首相が打ってたのはビタミン剤で、それは注射針の太さからわかるという。まあ、あまり真剣に読まないでください。
とにかく、彼は天皇が打つまで打たないという。一理あり。

スカパー!で『ニュー・ポープ』が始まった。前シーズンの『ヤング・ポープ』は物珍しさから見入ったが、シーズン2ともなると、馬鹿々々しくて見ていられない。稚拙なシナリオをスタイリッシュな演出と豪華な衣装でごまかしてばかりで、前作だとそれでごまかしきれたのだが、もうちょっと付き合いきれない。ジョン・マルコビッチがモデルを務めるファッションショーでしかない。
パオロ・ソレンティーノの本質的な弱点が露呈したとも言える。つまり、ただただ演出がキレイキレイというだけと、『グレート・ビューティー』にも『グラン・フィナーレ』にも悪態をつきたくなる。

ナイト・シャマランの新作『オールド』が八月下旬上映予定だが、ひどく楽しみだ。
『ヴィレッジ』といい『ビジット』といい、この人はCG処理には手を付けず、手作りのホラーを地道にこねこねして見せてくれるので、実にいい。もう設定のアイデアを聞いただけでワクワクする。

なんだかんだ言って、自粛期間というのは全国カンヅメ状態になれということで、執筆にとっては最適であった。
2021-06-12 13:57 この記事だけ表示