公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
戯曲掲載を主軸にした伝説の演劇誌「せりふの時代」が「せりふの時代2021」として復刊します。
今月末発刊です。
みなさん、注目‼︎
2021-03-22 23:02 この記事だけ表示
古書店で見つけた堂本正樹著「劇人三島由紀夫」は相当面白くかつ危ない評論集である。その危なさ故に今となっては語られないのだろうか。
『喜びの琴』を読むが、これがまた今でも充分危険な戯曲である。博物館入りされようがない、新鮮な血が流れている戯曲である。
やれやれミシマはやはりまだ生肉だ。悔しいが。

ところで今年の花粉アレルギーが酷くて酷くて、くしゃみ鼻水、頭ボーッ。
2021-03-21 19:58 この記事だけ表示
1D332C7B-9BB0-4C69-9E1D-2F5B1A8C540B.jpeg
睦ですけど何か?

9159BE91-48F5-4A0E-8A0E-561024CE84E7.jpeg
愛ですけど何か?

2697B816-089A-4A12-BBB0-5280589708CC.jpeg
小夏ですけど何か?
2021-03-20 21:01 この記事だけ表示
10年前の3月11日、『4』を書いている最中だった。
家には三猫と私だった。
三猫と怯えた。
それからの日々、余震に怯えつつ書き続けた。
『4』には少なからず震災の影響があると思う。
このことは『4』を上演したソウルの若い演劇人に最初に指摘された。そうだと思った。
今年の上演、厳粛な気持ちで取り組むつもりだ。
2021-03-11 12:09 この記事だけ表示
8月公演『4』の情報が公開された。
いよいよである。
演出は私がやる。
初演の演出は白井晃氏であった。
演出のことを数回話題に取り上げているので、言っておくが、白井さんの演出は、驚かされたが、実に誠実だった。
2021-03-11 09:34 この記事だけ表示
二週間が経った。
普段の公演後とはまたかなり違った気分で日々を過ごした。
自分の新作をはっちゃきに疾走したということではないからだろうが、もちろん短編戯曲祭もはっちゃきだったのだが、はっちゃきの性格が違うせいだろう。
とにもかくにも陽性者を出さずに全公演が終えられて、うれしい。
私にとっての発見のひとつにひと様の戯曲を演出するという快感を得られたというがある。
思えば私はこれまで古典と呼べるものばかり演出してきた。それには当然訳があって、上演史を数知れず抱えた古典の戯曲ならば、演出の美学と観念をかなり縦横無尽に施せるだろうという思惑からである。
書き下ろしたばかりのひと様の新作戯曲に、そうした思惑は不要であり、不要どころか迷惑千万であり、その際、演出は可能な限り無私であらねばならない。
その無私の快感があった。
そうした態度で取り組むと活字で接しただけでは見えなかったものが演出するにつれてぐいぐい可視となり、その作業に没入する自分がいた。
もっともこうしたことは私自身が劇作家だからだろう。
演出家は古典であろうが新作だろうが、とにかく自らの指紋を残さなければ(波多野氏の言葉より)立つ瀬がないということだ。
そこで演出と劇作の確執が生じる。こうしたことはかつての映画製作の現場で編集権を巡る映画監督とプロデューサーの戦いと同様に実に古典的なもので、こうした戦いは終わらないだろう。
もっとも映画のほうではこの戦いは滅多に見られなくなった。映画監督が同時にプロデューサーという局面が圧倒的になってきたからだ。
2000年以前に演出と劇作の戦いの光景があまり見られなかったのは、作家が演出を兼ねるケースが圧倒的だったからだろう。
今回演劇祭を通してやりたかったのは、演出を兼ねるという野蛮さを持たない劇作家たちを埋もれさせてはならないといったことが第一にあった。
だからといって私の演出が完全に無私であったなどとは自画自賛はできない。
私という人間を通して行われた演出が完璧に無私を演じられたとは到底思えない。
TCrossroad短編戯曲祭は今後不定期に続きます。規模、中身はその都度、社会状況、経済状況によって変わるとは思うが。
今回はけっこうマックスでした。
では先に進みます。
2021-03-08 15:03 この記事だけ表示