公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日々状況が変わるので、意見を表明してもすぐ無効になってしまう。
大きなことは言えない。
我慢して、がんばろう!
ガンバロウ!
頑張ろう!
GANBARO!
2020-03-30 19:20 この記事だけ表示
短編戯曲を書き継いでいる。
四本になった。
今の空気を書き残しておこうと、『2020年3月』というのも出来上がった。こういう時だったなあ、とこの戯曲を落ち着いて見られる日が早く来ることを望む。
2020-03-29 18:15 この記事だけ表示
昨日、米がなくなったもんで、スーパーに行ったら棚は空なので別の店にのこのこ向かって、そこにはお米はあったものの、買いだめする人々がズラリとレジに並んでて、なんでそんなにミリンを、生理用シートなんで五つもいる、とその意味の無さ、浅ましさに憤り、「買いだめかよ」と呟いてしまって、多分聞こえただろう。ばーさん、振り返ったら意見をしっかり述べようと身構えたが、振り向かなかった。
以前、トイレットペーパーの不足に、なんと日本人はいつもこれに固執するのかと書いたが、この有り様になって、どこの国も同じでオーストラリアでの奪い合いの殴り合いを見て、すまん、日本人。
今週やっとトイレットペーパー、ティッシュを買えたが、まずティッシュが無くなり、鼻水は洗面所で手鼻をして洗い、これで十分用が足りたので、ウンコも風呂で尻洗いかと半ば決意していたところ、吉祥寺通りのドラッグストアで見つけた。

映画、読書、執筆の日々。
大して普段と変わらないってことか。
クロード・ルルーシュの『男と女 人生最良の日』は感動的なファンタジーだった。
ペーター・ヴァイス、ホーホフートを読みまくる。
いろいろ言いたいことがあるが、ここではやめとこう。
すべて舞台に昇華させよう。

『4』、やりますよ。
2020-03-27 11:29 この記事だけ表示
さあ、明日、会員様先行予約開始!
2020-03-21 19:42 この記事だけ表示
『4』前売り、いろいろなところで販売開始します。
詳細はティーファクトリーHPをご覧ください。
2020-03-16 11:33 この記事だけ表示
アニエス・ヴァルダの長編処女作『ラ・ポワント・クール』はロッセリーニの『ストロンボリ』、『イタリア旅行』を思い起こさせる。
ロッセリーニがヌーヴェル・バーグを導いたということをしみじみ確認できる。
私など『勝手にしやがれ』、『大人は判ってくれない』より前に『ラ・ポワント・クール』があるのを初めて知った。まだまだ知らないことがあるのだろう。知ったかぶりはできない。

『顔たち、ところどころ』はよかった。実によかった。
『アニエスによるアニエス』でも取り上げられていた浜辺のシーンは残酷なまでに美しいスワンソングだ。
そしてヴァルダの映画に現れる猫はいつも慎ましい存在感とパーソナリティを醸し出す。まさに猫である。
そして最後にあの男の存在が現れる。ネタバレになるので書かない。
「あの男」の存在が、この映画にヌーヴェル・バーグのスワンソングといった影を宿らせる。
『ダゲール街の人々』とともにヴァルダはドキュメンタリー劇映画が断然いい。

その後、同じ日、『シティ・ハンター』を観たのだが、吹き替えで唖然とし、隣の男がどうでもいいシーンでやたら笑うのでシラけて途中退出してしまった。
フレンチアクションコメディと聞いて、かつて大好きだったルイ・ド・フィネス、ジャン・マレーのファントマシリーズを勝手に期待したのだったが、笑いがほとんどアメリカまがいなのでがっくり。
吹き替えのせいもあるのかも知れない。フランス語でもちゃもちゃ、このくだらなさをやってくれていたらもう少しのれたのかも知れない。北条司のファンならば楽しい映画なのだろう。ごめん。お呼びでなかった俺が悪い。
あの、往年のファントマ映画を映画館で観たい。

2020-03-13 15:32 この記事だけ表示
そう、9年前午後2時46分、『4』を書いている最中だった。三猫と身を寄せ合っていた。
今年、『4』の公演前、こうした世界だ。
自分の生きてる時代を未曾有だとして表現者は思考するが、まさに未曾有の時代を生かされているという感覚がひしひし迫る。
短編戯曲を書き継いでいる。

劇場、映画館、本。
自分にとっては、このどれもが欠けてはならない。
2020-03-11 17:28 この記事だけ表示
阿佐ヶ谷で伊東潤の演出する舞台を見る。柄本さんと久保井君に会う。その後、吉祥寺で久しぶりにヴェトナムフォーを食べる。
数日前は渋谷和宏氏と北海道でしこたまワインを飲む。居酒屋北海道っすよ。
日本国の観光立国の道を進めてオリンピックで完成させるというヴィジョンは頓挫した。
まったく個人の人生がそうであるように、国、政府の将来プランも思い通りにはいかない。
そもそも思い通りにいくものではない。
思い通りにいったとしても、その時はいいがその後にしわ寄せが必ずやってくる。
個人の場合は子孫に必ず悪いことがある。
なんてことなどをムニャムニャしゃべる。

まあ、演劇人舞台人はそれぞれ知恵を絞り、しぶとく生きてる。
今辛く、地獄に落ちたとしても、人間死ぬ間際まで幸不幸はわからない。
自分の頭で考えて進むしかない。
演劇はまず死なない。
2020-03-09 01:03 この記事だけ表示
困ったことに、不謹慎ながら、このようなディストピア状況下に創作意欲が増大する。
2020-03-07 20:46 この記事だけ表示
『4』の上演は5月である。
前売開始は3月である。
状況はどうなっているのかわからない。
刻々と変わっていくので、大きい言葉はすぐさま無効になる。
いろいろ考えます。
2020-03-04 12:35 この記事だけ表示