公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
台風の前の先週、母の七回忌、父の二十七回忌の法事であった。
墓は横浜だが、位牌を川村の菩提寺に持ってお経を詠んでもらった。寺は深川である。先年に交通事故に見舞われたという住職は元気がなかった。
終えて暑いなか、清澄庭園を散策した。涼亭というお休み処で宇治金時のかき氷を食べる。かき氷など何十年ぶりだろうか。あまり美味しくはなかった。
庭園の池の緑色の水面をぼんやりと眺める。緑のなかをすっぽんが首を伸ばしている。
庭園を出て、森下まで歩き、ひさしぶりに割烹みや古で深川めしとてんぷらを食べる。
森下スタジオでジョン・ジェスランとのリレー戯曲リーディング・ワークショップ以来ではなかろうか。あの時わいわいみんなで深川めしを食べた。
山利喜に近い小野珈琲で一服。
暦の上では晩夏というかもう初秋なのだろうか、暑い遠足を終えたかのようにくたびれたが、ゆっくりした気分で一日を過ごせた。

昨日は一日、台風でわやくちゃになった庭の掃除をする。
最近この庭に、どうやら身重らしい三毛猫が横切り、昼寝をしている。
それが愛には悩ましい。

ゾンビの夢を見た。「普通にしていてもゾンビになる」という事実を聞いて、へーっと驚いている夢であった。

『ノート』決定稿を入稿する。
2019-09-10 13:58 この記事だけ表示