公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
新作公開にあわせてケーブルテレビでクエンティン・タランティーノの特集をやっていて、今回再見したのは、『レザボア・ドッグス』、『ジャッキー・ブラウン』、『デス・プルーフ』、『イングロリアス・パスターズ』だった。
映画小僧(シネフィルでなく映画狂でもなく映画ファンでもなく)にとってタランティーノのファンになるのは簡単なことだから、ファンは自称しないが、1992
年オーストラリアのアデレード国際演劇フェスティバルで『マクベスという名の男』を上演した際、現地の方々から『レザボア・ドッグス』の影響などを質問され、当時はなんのことやら知らずにいたら、その後まもなく『パルプ・フィクション』が日本公開されて、『レザボア・ドッグス』を見てなるほどと合点した。
当時は時系列そのままに展開しないストーリー運びがかなり新鮮だったが、今となるとこうしたスパイスはあちらこちらで見られることになったので、ちょいと旧さを覚える。
『ジャッキー・ブラウン』は今回再見して圧倒的によかった。
公開当時は、ボビー・ウーマックの「110番街交差点」に乗ってパム・グリアが歩く横顔を移動撮影するという出だしが、もうクール極まりなくて、もうこれで十分と後はほとんど寝ていた。この映画は派手な銃撃戦がなく、タランティーノの新作というので期待した多くの観客を裏切ったものであり、自然と私も眠ったのだが、これは今確認するとすぐれたバラードである。
主要登場人物がほとんど五十代の初老であり、半ば人生を諦めつつも、あがいてもがいて生きている。
刑務所から出たばかりとという設定のロバート・デニーロ演じる男は新たな犯罪計画現場でへまばかりをして、ヤク中のブリジット・フォンダ(目から額のあたりが親父のピーター・フォンダとそっくり。ピーター・フォンダはこのあいだ亡くなったなあ。合掌。)に馬鹿にされ、かっとなって虫を潰すように殺してしまい、自身もサミュエル・L・ジャクソンに同じく虫けらのごとく殺される。
その時にジャクソンがデニーロに放つ台詞が泣かせる。
「あんなにシャープだったおまえが今はどうして」
そう、タランティーノの映画で人はみんな虫が手のひらで潰されるように殺され死んでいく。派手な銃撃戦がないと芯にある無常観が露わになる。
タランティーノが『座頭市』ゃ『子連れ狼』で学んだのは無常観ではなかろうか。
パム・グリアとロバート・フォスターの最後の別れも泣かせる。共に高飛びしないかというジャッキーの誘いをこの保釈保証業者といういかがわしい職業の57歳は、そういう若いことはもう手遅れだという表情で断るのである。
ひとり空港に向かう車でハンドルを握る、ジャッキー・ブラウン。ラジオからは「110番街交差点」が流れ、涙を滲ませたジャッキー・ブラウンはやがて静かに「110番街交差点」の歌詞を口ずさむ。
なんともバラードである。
タランティーノはこの映画が一般大衆に受け入れられなくてさぞ落胆したと想像する。しばらく映画製作には沈黙を保ち、六年後『キル・ビル』を発表し、てめーたちゃよーするに人がたくさん殺され死ねばマンゾクなんだろーが、と開き直って大殺戮を描き、思惑通り復活を果たすのである。

2019-09-05 14:18 この記事だけ表示