公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日、愛、睦、12歳誕生日!
元気でなにより!

F698B249-0FA6-48C8-B9FE-9670FDF552DD.jpeg


2019-06-23 19:57 この記事だけ表示
映画月刊誌「映画秘宝」8月最新号にわたくし、ロバート・オルドリッチについて書いております。興味ある方はお手にとってください。
2019-06-21 22:02 この記事だけ表示
8月19日に、新作『ノート』の関連企画として2000年シアター・トラムで初演した『わらの心臓』のリーディングとトークを行う。
吉田鋼太郎氏がやった役を私、川村が、戸川純氏の役を高木珠里氏が読みます。一部カットしてのリーディング上演。
そして、その後、作家、経済ジャーナリストとして活躍する渋谷和宏氏と〈90年代〉を中心にして語り合います。
渋谷氏は希望ヶ丘高校の同級生で同い年(当たり前だ)、昨年の『フリークス』上演では渡辺弘氏と〈80年代〉をテーマにしたトークの、いわば続きとも言える。
一日こっきりの公演、お待ちしております。
吉祥寺シアターです。
というわけで、四本同時進行の制作部ということですな。
2019-06-20 12:55 この記事だけ表示
『4』をあらためて読む。
腹は決まった。
テレビではピエール瀧の判決が報じられ、裁判官の説諭なるものが紹介されている。
違和感を覚える。裁判官とは道徳を説く役割にいる者なのだろうか?よくもまあそんな自信が持てるものだ。
生きる道を説き、反省を促すのが判決なのだろうか?
キリスト教が染みこんだ国、世界ならいざ知らず、裁判官の説く道徳は何を根拠にしているのだろうか?単なる裁判官の恣意的な気分でしかないのではないか。
このことに限らず、日本の裁判には違和感を覚える。
このことはまた新作『ノート』に引き継がれる。
2019-06-19 11:29 この記事だけ表示
日曜日、京都・春秋座で『4』の公開劇場実験を行った。
来年の上演に向けて演出上の目論みをいろいろ試してみて、それを一般にも公開しようという企画である。
冒頭からおよそ50分、大きなモノローグが2回入る前半をリーディングするのだが、それに二台のライヴカメラとプロジェクター、二枚の紗幕を使って演出している。このジェスラン調の設定で『4』のモノローグが成立するかどうかが、私の一番の興味であった。
四人の登場人物は京造の卒業生、金子仁司、木之瀬雅貴、坂川好慶成、御厨亮が読んだ。みんな大人になった。普通の会話ができる大人である。学生と会話するということは、こちらが学生仕様に対応しなければならないということだ。これは年齢の違いということではない。
客席は満席でみなさん真剣に見てくれた。
果たして、有意義な実験であった。『4』の言葉と紗幕に映写される画像には弱冠の齟齬があることは否めない。
さて、どうするか。これから考える。

終えて帰京し、翌日は『クリシェ』の衣裳フィッティングと鬘合わせ。
本当に新作『ノート』を含めた三本同時進行である。
2019-06-18 13:48 この記事だけ表示
先々週のことになるが、ひさしぶりに上野へ赴き、国立博物館に足を踏み入れた。「東寺・空海と仏像曼荼羅」を見るためだった。
東寺の立体曼荼羅は実はすでに現実の京都・東寺で目の当たりにしているのだが、その日は清水寺から東寺へというコースを計画して出かけたものの、猛暑の日で清水寺ですでに事切れ、青息吐息で東寺にたどり着き、立体曼荼羅の世界に沈むどころではなくなってしまった。暑さに沈んだのである。
で、不意に見ようと上野へ出かけたのだが、人気らしくチケット売り場が長蛇の列で、立体曼荼羅の館に入場は50分待ちとアナウンスされてるので、いったん諦めかけたが、もうひとつの特別展「美を紡ぐ」を見ていれば、待ち時間も短くなるであろうとチケットを買い求めた。チケット自体は長蛇にも関わらずスムーズに購入できた。
で、「美を紡ぐ」が大当たりであった。雪舟、永徳、光琳、北斎といった日本絵画の巨匠たちの作品が展示されているのだが、大げさに言うと日本美術を開眼させられた。こんなにいいものはと改めて認識した。
長沢芦雪「花鳥遊魚図巻」、葛飾北斎「西瓜図」、「花鳥版画」、与謝蕪村「新緑杜鵑図」、池大雅「前後赤壁図屏風」、伊藤若沖「玄画瑤華」。
そして初代宮川香山の花瓶「梅樹図大瓶」。継ぎ色紙の「よしのかは」は、紀貫之の歌の上の句下の句が違う色味の色紙に書かれ、少しずらして貼られているのであるが、その二枚の色紙の色味のコントラストとずらしの微妙さが絶品である。
そしてだ、なんといっても感動したのは、久隅守景の「納涼図屏風」だった。余白の圧倒的な実在感である。

で、30分ほど並んで立体曼荼羅を見た。近くで見られるのと、解説が貼られているので本当に勉強になった。これを踏まえて東寺で見よう。
で、「美を紡ぐ」の館にもう一度入り、見入った。
外に出ると月が出ている。
上野公園を横切り、アメ横に出て御徒町まで歩き、二木のおかしでエビせんべいみたいのを買って帰る。
いい遠足であった。

2019-06-11 14:24 この記事だけ表示