公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
立ち食いそばは進化する。
ひさしぶりに池袋に降り立ってJR構内の立ち食いそばを食べた。おいしくて驚いた。海鮮てんぷらそば。公衆トイレの隣の爽亭。
立ち食いの進化で、街の普通の蕎麦屋が消えていく。名店と立ち食いの間が無くなってしまう。これはこれでさみしいのだが、富士そばはあまりおいしくない。煮干しラーメンってのは、おいしい。

私にとって立ち食いのベストは中野駅前の「田舎そば・かさい」。ここは知る人ぞ知るおもしろ店で、おいしいだけでなく、午後から仕切る店員のにーちゃんがケッサク。
立ち食いとは思えないほどの神経質ぶりで立ち寄る客を仕切る仕切る。
客がひとりであっても、「もうちょっと寄ってくれますか」と立ち位置を指示される。自分のペースを崩されるのが嫌で、客が軽くほいほい暖簾をくぐってオーダーを告げても、調理中だと「ちょっと待っててください」とむっとされる。それで立ち位置を指示される。むかついたのか、黙って立ち去るお客もいる。支払いに一万円札を出した客に、ねちねち説教している光景にも立ち会ったこともある。
これでまずかったら行かないのだが、おいしいのである。さらににーちゃんのキャラをひとたび把握すれば、うっかり何も知らずに入った客との掛け合いを期待できる。
隠れたおもしろ店だ。と言っても駅前だから隠れていないが。
小瓶に盛られたおろし生姜は、「こさじで二杯が適当」と注意書きがある。どっちゃり入れる客を許せずに、にーちゃんが書いて貼ったのだと想像できる。
アド街の中野特集でも取り上げられることはなかった。おそらくにーちゃんが無愛想に接したからだろう。いいぞいいぞ。
書こう書こうと思いつつ機会を逸していた「かさい」のことをやっと書いた。
末永く繁盛あれ。
2019-05-29 13:49 この記事だけ表示
こうしたブログで感情を垂れ流すと、ツイッターではしゃぎまくる大統領と同次元になるから最小に留めておこうと自制するが、令和はしゃぎから、トランプ騒ぎまで、この国の国民であることが嫌になる。
なぜ、慎ましやかに、淡々としていられないのだろう。
2019-05-28 16:19 この記事だけ表示
6月16日、京都、春秋座で「『4』上演のかのを巡る劇場実験」を公開します。入場無料です。興味ある方は京都造形芸術大学、舞台芸術研究センターのHPなどを御覧下さい。
その頃はもう梅雨入りかな。
2019-05-22 19:56 この記事だけ表示
GW中はこつこつ台詞をやっていて、はしゃがず騒がず。
先週は下北沢で久しぶりに柄本さんと呑み、次の日は古井戸秀夫さんの受賞パーティーだった。大著『鶴屋南北』で氏は色々賞を取られたのである。 
古井戸さんは199〜何年だか、私を最初に大学に引き込んだ方である。早稲田大学で私は現代演劇の座学と早稲田では30年ぶりという実習授業を依頼された。
そう言うわけで、三年間、野村万之丞氏、和栗由紀夫氏とで学生指導し、公演を行った。お二方はすでに鬼籍に入られている。いやはや時間である。
当日、会場の学士会館に向かう足取りは決して軽くはなく、というのは学者ばかりで私などほとんどオヨビデナイのではないか。ところが、その実習の学生をはじめ、思いのほか知り合いが多く、わいわい過ごした。古井戸氏の大著はボリュームがある故に、読むのに一生かかるのでは、などという声もあったが、そんなはずはない。時間を作って集中すれば、一気に読める読み物と予想する。まさかスピーチを指名されると思わず、つまらないことを喋った。
一気に読んで語りたかったと悔いる。

翌々日は久しぶりに京都。
来月の『4』の実験上演の準備である。
日帰りなので神馬の時間はなく、京極スタンドで軽くひっかけ、乙羽で蒸し寿司、高島屋で蓬莱の豚まんを買って帰る。
2019-05-21 11:59 この記事だけ表示
GW後、ドキュメンタリー映画を三本見た。
『主戦場』はGW中のこのこ行くと満席だった。いやはやと、チケットを別日で予約した。
実に面白い映画だった。ジャーナル・ドキュメンタリーとでも呼びたいこの手法の映画はアメリカではけっこうあるようで、マイケル・ムーアゼミの出身者の面々と言いたくなる。
かつて舞台演出をやっていたニューヨーカー、ジョシュ・フォックスも今や映画監督となってトランプ政権を批判するジャーナル・ドキュメンタリーを撮っている。
さて『主戦場』だが、小気味よいテンポでぐいぐい引き込まれて、あっという間に見終えてしまう。しかし、気をつけなければならないのは、インタビュー映像が切り取りであることだ。当たり前のことながら、編集という撮り手サイドのフィルターが掛けられていて、さらに最後に叩き出された結論が性急過ぎる。
私は安倍政権支持者ではないが、映画というのは、語り口が上手いと、やすやすと語られる「真実」に乗せられてしまうので、中身の主張とは別次元で、怖い。
ジャーナル・ドキュメンタリーで重要なのは語られることより、語り口だ。

『新宿タイガー』は新宿のかの有名人、新聞配達員タイガーを素材にしたドキュメンタリーだ。まさかこうも簡単に素顔を開陳してしまう人とは知らなかった。全共闘世代、ゴールデン街、こだわりの人、稀代のロマンチスト。
とまあ、けっこう私、苦手タイプみたいだが、会うといい人なんだろね。

『ビル・エヴァンス』もノコノコ出かけたら満席で、GW後に日を変えた。
よかったです。クラプトンのドキュメントより語り口が慎ましやかでいい。
2019-05-20 12:45 この記事だけ表示
土曜の夜のNHKFMの新生ジャズナイト、大友良英さんのDJとプログラム、実に面白い、かつ興味深い。ツボをしっかり押さえてくれる。
今夜はチャールズ・ミンガス特集。こういうのが、嬉しい。それにしてもミンガス、いいっすよ。
ところでわたくし、なんちゃらかんちゃらで忙しくて、ビル・エバンスのドキュメンタリー映画のことなども書いてません。 とにかく見て良かった、ドキュメンタリーでした。あと、『主戦場』とかも見て色々書きたいんだけど、またいずれ。

2019-05-19 00:53 この記事だけ表示
ゴダールの『映画史』で映画は断片で見るのが、一番楽しいと教えられたものである。確かにストーリーだテーマだ感動だと垂れ流される以前の断片は、どこか裸の映画とでも呼びたくなる。
今回は断片の多くに加工がされて原映画が不明な故、無意識の流れというか、意識無意識の表象が映画の断片によってしか表せなくなった人間の脳内イメージというか。
こんな映画ない。勇気をいただく。
ジャン・リュック・ゴダール、88歳。クリント・イーストウッドと同い年。ふたりを思うと、私にはまだまだ時間がある。

2019-05-02 11:58 この記事だけ表示