公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
みなさん、いかがおすごしでしょうか。
わたくし、コツコツ書いております。
合間にけっこう映画を観ています。
ウィリアム・フリードキンの『恐怖の報酬』。
これは公開当時観ているのだが、今回の監督編集バージョンを観ると、四人の男たちの事情を描く前半が以前ではざっくりカットされていて、ラストの男二人組の意味がさっぱりわからなかった。罪なカット事情だ。フリードキンの映画には商業映画からはみ出るザラッとした居心地の悪さと、生きることの焦燥があって、それは単にキャラとストーリーがサスペンスという以上に異世界、非現実世界への形而上学的な視線がある。『フレンチコネクション』にもそれはあるし、大ヒット作『エクソシスト』にもある。この『恐怖の報酬』もクルーゾーのとの違いはサスペンスより運命が重要とされている。
ジャック・ドゥミの『ローラ』は初めて観た。シェルブール、ロショフォールの要素が全て詰まっていて、ひどく面白かった。
アニュエス・ヴァルダの『幸福』を久しぶりに観たが、つくづく過激な映画だ。
3本とも新作ではない。映画は見直しが出来て嬉しい。演劇がこういうことが可能だったらとつくづく思う。録画ではなくてライブをそのまま、今日は久しぶりに寺山の舞台を再見してみるかってなふうにだ。それが出来たら演劇評論もずいぶん変わるだろうに。

2019-04-30 18:52 この記事だけ表示
最終日で人数が多い日でもあり、『ノート』に加えて『クリシェ』、『4』も素材にしました。えらく面白かった。刺激になりました。劇作家、演出家冥利。
五日間のワークショップ、参加したみなさん、ほんとさまざまな出自の方々が来てくれた。ありがとう!
2019-04-24 23:04 この記事だけ表示
今日はまず税理士さんと打ち合わせ。
次に青山のマッチの事務所で新作デザインの打ち合わせ。
その時くれた写真集、今年、木村伊兵衛賞を受賞した岩根愛さんの『KIPUKA』はマッチのプロデュースと知ってびっくり。
この写真集は久米宏さんのラジオ番組に岩根さんがゲストで出演されていたのを私聞いていて痛く興味を持っていた。
さすがマッチ、やるなあ。

8E75E001-718B-45D6-826B-3AE450D583AE.jpeg
2019-04-23 21:44 この記事だけ表示
毎回、色々な方々に会えて実に刺激がある。
素材は執筆ど真ん中の『ノート』である。
お互いにとって贅沢な時間になっているのではと思う。
2019-04-20 11:53 この記事だけ表示
睦は食べるのが一番早く、とっとと平らげて小夏のお皿に頭を突っ込むので、私執筆中でかなりイライラしていて、自分でも思いのほか強く叱ってしまうと、もうそれから数時間、しょぼーんで可愛いやら可哀想やらで、その後かなり構いました。
0713480A-3B24-4FAC-92B1-D89C80A5CDE8.jpeg
2019-04-12 18:05 この記事だけ表示
島次郎さんから、これまでの舞台美術の写真集が送られてきていて、お礼の手紙を書こうとしていたところ、訃報が届いた。
合掌。
2019-04-10 11:44 この記事だけ表示
まことに、たくさんの、様々な出自の方々が参加することになった。
執筆途中の新作などを材料にして遊ぼうと目論んでいます。
楽しみ!
2019-04-07 19:00 この記事だけ表示
クリント・イーストウッドは『スペース・カウボーイ』、『グラン・トリノ』とすでにジジイファンタジーの傑作をモノにしているが、今回のジジイファンタジーはまた格別である。イーストウッド88歳、掛け値無しのジジイだからである。まあ、色々なおかしみが各所に散在している映画だ。
この老人が、ポリティカル・コレクトをまるで無視しており、そうした老人をジェームス・スチョアートに似ていると人に言わせるところがケッサクだ。ニグロ、ダイク、タコス野郎とか平気でのたまう。
『グラン・トリノ』のマイノリティへの視線がここでも、さりげなく描かれる。
無論ジェームス・スチュアートらしさはイーストウッドの立ち姿の意味だ。少し丸まった猫背の背中が確かにスチュアートっぽい。イーストウッドの背広姿はクールだが、丸くなった背中に涙が出る。ラストのクレジットロールで見つけるまで気がつかなかったアンディ・ガルシアも泣かせる。太り様に過酷な人生を思わせる。
仕事人間だった男が老境、家族の絆に目覚めるという、どうということないストーリーだが、イーストウッドがやっているので許せる。
老人の女遊びのシーンがある。さすがにその詳細は描かれない。88歳がふたりの女を相手にするのである。
ふぁんたじい!
2019-04-03 12:25 この記事だけ表示
唐突に終わってしまった。番組終了である。
TBSラジオ、おまえもか。
2019-04-02 16:21 この記事だけ表示
そうですか、令和ですか。第一印象は良かったですが、つまり、国民は和を保って命令一下、やりなさい、ってことね。
令奈さん、惜しかったね。
2019-04-02 11:35 この記事だけ表示