公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日産、三菱、ビシッとがんばれ。
おフランス野郎達の言いなりになるなよ。
ヨーロッパにひれ伏してばかりいるニッポン演劇界みたいになるなよ。
2018-11-30 11:48 この記事だけ表示
日芸は所沢校舎を引き払って来年度から江古田に統一されるということで、誠に喜ばしい限りだが、数ある学科のなかで演劇科の面々だけが、所沢校舎を去ることに感傷を覚えていると聞き、それはキャンパス内のブラックボックスで公演をしていたためだと思う。
当たり前のことだが、演劇にとって劇場、場所は住処であって、一度公演した場所はかつていっとき住んだアパートのようにも感じられる。
てなことを考えていたら、先月上演されたウースターグループの舞台に思いが馳せられ、横浜で見たあれが、どうも微妙であったのは、そこがマンハッタンではないことにつきるのではないか。
しかも題材がタウンホール事件というごりごりのマンハッタンローカルだということもある。
まあ、字幕を読んでもその思考のスピードにはついていけず、それが逆に、親切に理解不能の道筋へと導いてくれてしまう。
グループの本拠地ウースターストリートのパフォーミングガレージで、無論字幕無しで見て難解な英語のシャワーを浴び、茫然としていたほうが、わかったことになっているのではないか、と考えてしまう。
場所が、わからせてくれるのである。
思えばリチャード・フォアマンの東京公演にもこうした微妙さと無関係というわけにはいかなかった記憶がある。
唐組のテント芝居をどこぞの小ホールで見せられたようなものだ。
だが、しかし、いくら微妙だとは言え、来ないより来る方がいい、見ないより見る方がいい!
2018-11-29 13:52 この記事だけ表示
てなことを昨日書いたら反響凄まじく、大方をまとめると、要するに、あんたはただ興味ない話は聞いちゃいないってそれだけのことだ、だそうだ。そうかもしれない。
ラジオで山口敏太郎氏の霊話を聞いていて、私は今年の3月ラ・ママに単身宿泊していて、よく何も見なかったものだと今更ながらに思う。
もっともそういう体験は未だ一度もない。能力がないのだな。
2018-11-27 11:42 この記事だけ表示
テレビで発達障害のことをやっていて、そのなかで聴覚障害という症状が紹介されていた。
居酒屋、喫茶店などで人と対面でいる時、周りの話ばかりが聞こえてきて肝心の正面の人のは口パクのようで聞こえないという。
わたしにはこれがある。大勢の飲み会では、まず正面の人の話を聞こうとしても左右、後ろ、遠くからの会話で遮られる。
バーのカウンターだと横に人がいるのでまだましだが、反対側の赤の他人の会話が入ってきて、話が混ざってしまうことがある。
「他人の会話に影響与えるのって快感だな」とその赤の他人の方が呟くのさえ聞こえてくる。
喫茶店の会話も周りがわーわーして聞こえない。
ただし静かな場所なら問題ない。
まあ、こういうことがある。だから大勢の呑み会は嫌いだ。全く会話ができない。もっとも大抵みなさん会話する気もない。騒ぎたいだけなのだが。
まあ、こうしたことがある。
自分が発達障害ですなどと言う気はさらさらないが。
2018-11-26 10:38 この記事だけ表示
『レディ・オルガの人生』を本当に愛してくださっている方々に再会できて感激した。
会では稽古場でも呑み屋でも話すことのなかった戯曲創作秘話、まさしく初めて披露する話をした。こういうことを巧く引き出すインタビュアーは今現在会ったことがない。
みなさん、ありがとうございました。
これは色々な意味で再演したい。すぐにというわけにはいかないが、やりたい。
 
ところで大相撲千秋楽、高安、貴景勝戦、楽しみですね。
2018-11-25 00:53 この記事だけ表示
古井戸秀夫先生の大著『評伝 鶴屋南北』が届く。何重かのおせち料理が来たかのボリュームで、圧倒される。爆弾が送られてきたかとも驚く。包装を開けると、分厚い二巻本から氏の気魄が漲っている。ゆっくりじっくり読ませていただこうと思う。
2018-11-23 22:12 この記事だけ表示
マーティン・マクドナーの脚本、監督のこの映画、やはり脚本が圧倒的に面白い。ストーリー展開がいろいろあるのだが、いざそれを説明しようとすると難しいというか、話してみると納得のいかない展開としてしか開陳されないところがいい。
観客にわかりやすくするために、チラシ等にストーリーを書けと主張する方は、根本的に筋とセリフに見え隠れするゴーストの存在をわかっていない。
ところでマクドナー、監督の腕はまだまだだと思うのは、演出の文体の獲得には未だと見た。
撮り続けるうちに獲得するもんなのだな。
2018-11-19 18:18 この記事だけ表示
24日の『レディ・オルガの人生』のふりかえリーディングっての、まだ参加者募集してるって。どうぞ、みなさん、まったく、お気軽に。
2018-11-16 00:49 この記事だけ表示
疲れが取れてやっと社会復帰できているが、こんな夢をみた。
かつて祖父母が住んでいた田端の家だ。二階の窓辺の外側の手摺りに睦が乗っている。駄目だ戻れと言うと家の中に入るが、すぐ出てしまう。下の道に三毛猫がいて、気になって仕方がないのだ。何度も睦を叱っているうちに、路上では愛が三毛の近くまで行っている。
あれ、愛が出てしまったと慌てて階下に走る。
どうなったかは覚えていない。
場面は不意に試験会場。私は何か受験をしている。試験内容はデスクトップに出るらしいのだが、出ないので慌てていると紙の用紙が配られているのに気がつく。解答を書いていくうちに用紙がなくなってしまう。慌てて騒いでいると、試験官がやってきて「どうしましたか?」と聞いてくる。
試験官は林家三平である。笑点で受けていない現在の三平である。
どうなったかは覚えてない。
2018-11-15 12:49 この記事だけ表示
パーティーというのはなかなか難しいところもあって、知らない人ばかりだと、オヨビデナイとサミシク会場をあとにすることになる。
かつてとあるパーティー会場で所在無げにぽつんと隅に座っていた井上ひさしさんを見つけてお声を掛けたところ、スクワレタといった顔をされて、大家でもこういうことがあるのだなと感じ入った。
その時氏は「川村さん、戯曲は70歳過ぎても書けるもんですよ」ってな話をされて、これもまた感じ入った。
ACC55周年パーティーに出向いたのだが、オヨビデナイ状況も予測していたのが、多くの知古に会うことが出来て、実に楽しい時間であった。
インターコンチの食事は美味でテーブルの花飾りのコーディネートが素晴らしいと思っていたところ、帰りの時間、それを察知したかのように従業員の方に、どうぞとその花飾りをいただき、思わぬ僥倖であった。
2018-11-14 14:25 この記事だけ表示