公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういうわけで、今回のリーディングは絶妙キャスティング。
現さいたま芸劇、かつて情報誌シティロードで演劇を牽引していた渡辺弘氏とのトークも見もの。『フリークス』上演時の80年代ふきんのあれこれを話すつもり。
若者たち、いろいろなヒントが見つかるぞ!
2018-08-12 16:57 この記事だけ表示
26歳の時に書き、パルコで上演して大スキャンダルを起こした『フリークス』を今改めて読み直すと、フランス時代のルイス・ブニュエルをやりたかったのだなと発見する。但しブニュエルに徹底することは出来ず、当時のアングラ小劇場テイストに律儀に義理立てしていて、そのために不思議な仕上がりになっている。
上演では演出、演技がさらにアングラ小劇場テイストに義理立てしてしまって戯曲の言葉を薄めてしまっていたと思う。
だから何を描きたかったのか実は伝わっていなかったのではないかとも思う。
だから今回のリーディングは実は当時より明晰に言葉、台詞が伝わるのではないかと思う。
ブニュエル的装置のもとで、描かれるのはパゾリーニという名の男が仕掛ける資本主義の悪意と悪夢だ。
こういう劇を20代で書いてしまった男とは、さぞかしその後、生きづらかっただろうと想像する。こういった作家は47、8で死ぬのが具合がいいのだが、思いのほか厚顔無恥だったらしく、生きている。
2018-08-12 14:14 この記事だけ表示