公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『ミッション・インポッシブル』の新作、いやあ新世紀バスター・キートン、その名もトム・クルーズ、変わらず快調に走ってますね。
前作ローグネイションと同様、スリルのあからさまな古典をやっていて、良い!
なんたってラスト・スリルが時限装置だもんね、泣かせる!
でも前作のほうが古典作法がしっくりいってたな。
2018-08-21 19:23 この記事だけ表示
やっと見た。新宿の映画館には上映1時間前に着いたのだが、すでにほぼ満席で最前列しかなく、久々にスクリーンを見上げて見た。
ストーリーを聞いた時から私は漠然と大島渚の『少年』を思い起こしていた。あの映画の一家(確かこちらは本当の家族だったと思う)も疎外された存在だった。
『万引き家族』で雪だるまが出た時に、やはり『少年』への眼くばせがあると思った。最も今回の映画では雪だるまはそう重要ではないが。
さらに男女が下着姿で素麺を食べるうちに欲情するシーンに今村昌平を思った。シュミーズ姿がさまになる女優はそうそうはいない。
またリリー・フランキーの箸の持ち方が秀逸だ。演技でなく、本物なのだろうか。
『空気人形』を見た時、この監督はにっかつロマンポルノを勉強していると感じたが、今回の映画でも先輩監督への眼くばせがあり、それが心地よい。
きれいごとがまったくない映画で、見ていて本当に心地よかった。
2018-08-20 18:46 この記事だけ表示
『フリークス』は堤清二氏について書かれた劇でもある。
どういったことであろうか?
答えは8/27に明かされる。
お楽しみに。
2018-08-19 21:11 この記事だけ表示
まあ、なんやかんやと、連日の吉祥寺打ち合わせ。
今日は27歳の自分をヴィデオで見た。
ふてぶてしい奴で、さぞ叩き潰してやろうと思っていた他人は多かったろう、と可哀想になってしまった。
今はまるで他人のようにも思う。
8/27にはこのヴィデオがちょっびと流される予定。
2018-08-18 23:56 この記事だけ表示
これから機会があれば、80年代の事など自分が知っている過去を語っていこう。これまでおっさん、じーさんめいてると思い、避けていたが、あの時代は良かったなどと言うつもりなどさらさらないので、つまり、過去を肴にして今と将来を語ろうというわけだから、いいのではなかろうか。
みんな知らない事が多く、今当たり前と思っている事がまるで当たり前ではなく、なかったのだと知っておくべきだ。
若い演出家、劇作家とは色々しゃべりたいが、エラソーにすまい、なるまいとして、ぎごちなくなり(あくまで私が、である)、うまく付き合えないのが難点である。
2018-08-16 13:02 この記事だけ表示
高校の同窓会にいってきた。希望ヶ丘高校のである。場所は山下公園沿いのホテル・ニューグランド。新築になる前のここの一階のバーは最高だった。などと思い出しつつ同窓会というものに初めて出席したのだが、いいもんですね。120名ほどが、わいわいしている。 
やっぱり高校の十代三年間、人格形成期の重要な時に同じ場所、時間を過ごした者どうしというのは、即座にお互いの言葉が理解し合えるといった、秘密結社的結びつきがある。
世間というものはおおむね理解し合えぬまま進んでいく。その波に日々乗って生きているのが日常なので、この同窓会の空間というのは、非日常とも思えてくる。
みんな母校に誇りを持っている。自由があったからだ。でも、自由かつ学業優秀というのがかつての特徴だったので、最近学業のほうは他校に抜かれていて、はがゆいというのが皆の思いの集約だ。
まあ、さして勉強もせず、成績中の下だった私が言える筋合いではないが。
「相変わらず劇とかやってんの?」
とか聞かれて、
「へい、相変わらず劇とかやっています」
と、さしてむっともせず、答えたものである。

2018-08-13 14:04 この記事だけ表示
そういうわけで、今回のリーディングは絶妙キャスティング。
現さいたま芸劇、かつて情報誌シティロードで演劇を牽引していた渡辺弘氏とのトークも見もの。『フリークス』上演時の80年代ふきんのあれこれを話すつもり。
若者たち、いろいろなヒントが見つかるぞ!
2018-08-12 16:57 この記事だけ表示
26歳の時に書き、パルコで上演して大スキャンダルを起こした『フリークス』を今改めて読み直すと、フランス時代のルイス・ブニュエルをやりたかったのだなと発見する。但しブニュエルに徹底することは出来ず、当時のアングラ小劇場テイストに律儀に義理立てしていて、そのために不思議な仕上がりになっている。
上演では演出、演技がさらにアングラ小劇場テイストに義理立てしてしまって戯曲の言葉を薄めてしまっていたと思う。
だから何を描きたかったのか実は伝わっていなかったのではないかとも思う。
だから今回のリーディングは実は当時より明晰に言葉、台詞が伝わるのではないかと思う。
ブニュエル的装置のもとで、描かれるのはパゾリーニという名の男が仕掛ける資本主義の悪意と悪夢だ。
こういう劇を20代で書いてしまった男とは、さぞかしその後、生きづらかっただろうと想像する。こういった作家は47、8で死ぬのが具合がいいのだが、思いのほか厚顔無恥だったらしく、生きている。
2018-08-12 14:14 この記事だけ表示
ジェームズ・キャグニー主演のミュージカル『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』を見た。
まあ、驚いた、驚いた。
まずキャグニーがこれほどダンスがうまいとは知らなかった。ブロードウェイ・ミュージカルの原型を作ったとされるジョージ・M・コーハンの伝記映画で、フレッド・アステアが断ったのをキャグニーが引き受けた役だという。つまり、キャグニーはアステアと同レベルの踊り手だったのである。
あとでキャグニーがボードビル出身と知って、なるほどと合点した。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんある。

しかし、真に驚いたのは実はこのことではなくて、この音楽映画が臆面もない国威高揚映画であることだった。
製作年は1942年、映画が説くのは、まさしく悪い日本人征伐のための「よい戦争」への銃後を含めての賛同と参加推進である。
映画は、ラスト、兵士の行進シーンで終わるが、彼らはまさしく太平洋戦線に向かわんとする米兵である。
こうしたことは置いておいて、キャグニーのダンスの才に瞠目すべし、といった見方もあるが、別物ではないと私は見る。
物語のなかで描かれたイデオロギーは画面、舞台すべての要素が請け負っている。
だから、これもラスト近くの、ルーズベルト大統領から勲章をもらって喜色満面の主人公がタタタと官邸の階段を下りるあのリズムは、戦場での小銃の銃声なのだ。唖然と口を開けて見入ってしまうアメリカ愛国、ナショナリズム映画だった。能天気に傑作ミュージカルなどと言っていられるものか。
津野海太郎氏の『ジェローム・ロビンスが死んだ』によると、当時キャグニーは非米活動委員会から目をつけられていて、自分は共産党シンパではないと証明するためにも、この映画に出る必要があったという。かの赤狩りから逃れるためというわけだ。
まあ、理解はできますがね。というのは自分だってそういう立場になればそうするかも、という意味合いで理解というのだが、無政府主義的ギャングスター、キャグニー像が彼の全体像ではなかったことを知って見方を変えさせられた。
ブロードウェイという場所の本質もまた、単純さ故に複雑だ。
ショービズはかくも簡単にイデオロギーと結託する。
資本主義と政治は常に兄弟杯を懐に隠し持っている。
ブロードウェイだ、ウエストエンドだかには気をつけろ。

だから演劇をベルリンで学べ、というのがドイツ演劇(ベルリン演劇)至上主義者達の、相も変わらぬ挑発だが、こうした念仏にも聞き飽きた。日本はドイツではない。
と飛躍してしまったのは、ここ数日イメージフォーラムで、シュリンゲンジーフを見ているせいだ。

2018-08-09 14:43 この記事だけ表示
新作に集中していて、めっきりブログをさぼっていた。
辻孝彦さんの通夜にいったのは、先月の初めだ。その席にいた金井君が「最後はえみちゃんと同じ緩和ケアでした」と言った。
えみちゃんとは、吉村恵美子のことだった。金井君は吉村とは青年座養成所で一緒だったらしい。

これも先月のことだが、ある晩、たまたま旧友の島弘之さんの話しになり、彼は今どうしているのだろうと、ググったところ2012年死去とあって愕然とした。
それから不意に以前飲み会の最中、そのことを聞いたのを思い出した。たぶん、私が賞をもらった際に行ったパーティーの二次会、新宿の深夜、「そういえば島はどしてる?」といったことから、その死を知らされたことを思い出した。その時点でだいぶ酔っていたので私はそのまま忘却の向こうに置いていってしまったのだ。
すると、晩年は会えなかったということだ。30代の折り、共に飲み歩いていた折り、みんなでオーストラリアに移住しようと彼がまじめな顔で言ったことがあるのを思い出す。自分はギターを奏でてそこで過ごすのだから、川村はそこから少し離れた場所で芝居をやり、お互い気が向いた時に車かバイクで行き来すればいい、などと語った。
本当に真の意味合いにおいて繊細で傷つきやすい人だった。
聞かされたその死を忘れてしまっていた私とはとぼけた輩である。
物書きとして生き残っていく輩とは、良くも悪くも厚顔無恥なところがある。
島弘之の『〈感想〉というジャンル』を本棚から取り出す。
2018-08-06 14:27 この記事だけ表示