公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
なんだよ、予想当たっちゃったよ。
まあ、とにかく久しぶりに納得できる戦術の持って行き方でしたよ。ハリル時代は何をやりたいのかさっぱりわからなかったのが、変わったよ。
2018-06-25 02:18 この記事だけ表示
愛、睦、今日誕生日、11歳。元気!
941144DB-D478-4763-ABE9-32322D00E221.jpeg

92D2A5BB-AAB1-4730-906B-4134A11B52DB.jpeg

11年前、まさしくこの家で小夏のおなかから誕生したのである。苦楽を共にした同士である。
明日のセネガル戦予想。2ー2の引き分け。
2018-06-24 00:09 この記事だけ表示
初稿160枚書くが、破棄。ふりだしに戻る。
これから打ち合わせだが、w杯が気になって仕方がない。スポーツバーで打ち合わせするか。
2018-06-19 20:19 この記事だけ表示
この映画、ほんっと見ている最中、気分悪くて、胸糞悪映画とはよくぞ言ったもので、人には決して奨めないが、力のこもったいいものだ。この手の映画、ってどの手かというと、徹底したアンチヒューマン故の真実を露骨に露出させる映画は、日本では絶対受けないものだ。こういうものに接するとヨーロッパがあって良かったとつくづく思う。
虚飾によって成り立つ家庭の崩壊は、物語の定型の一部であるが、半端なくやってくれると新たな貌で迫ってくる。絆と口にすれば安心する日本はとことん毛嫌いする光景だろう。
さて『万引き家族』はいかなる家族を見せてくれるのだろうか。まだ見ていない。楽しみだ。
しっかしニコール・キッドマン老けたなあ。
2018-06-09 14:19 この記事だけ表示
人並みに、というか夜中見てましたけど、絶望的ですね。監督、インタビューでいつも目泳いじゃってるし。期待してないからけっこうやるかもという期待のプレッシャーの中で‥
2018-06-09 14:03 この記事だけ表示
キャストが決まる。チラシの撮影が始まる。 
着々と進んでいく。

朝日新聞からラ・ママ、トニー賞受賞についてコメントを求められ、昨夜の夕刊に掲載されています。
2018-06-08 11:59 この記事だけ表示
中野ブロードウェイで開催されているマカロニほうれん荘原画展に行く。熱気ムンムンの会場である。私の世代でこのギャグ漫画に影響を受けた者は多い。夢の遊眠社の舞台を初めて見た時、これはマカロニだと思った。
次に新宿、損保ジャパン日本興亜美術館でターナー展を見る。気合の入った展覧会で堪能したが、後期の黄色いターナーはやはり招べなかったのだな。
金井美恵子の『カルロスの尻』を読む。笑った笑った。サイコーっすよ、これ。
2018-06-01 17:42 この記事だけ表示