公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
アラン・レネの『二十四時間の情事』は今見直すと、非常に図式的でわかりやすい映画だ。そのわかりやすさはラスト、男女が各々の戦争体験の街の名前で呼び合うシーンに象徴されている。わかりやすくて笑ってしまうようなラストだ。

フランチェスコ・ロージの『シシリーの黒い霧』も子供の頃見て以来の映画だが、これほどまでにまっとうなネオ・リアリズモだったんだと今更のように驚く。『黒い砂漠』もまた随分と見ていない映画だ。再見したい。

ディック・リチャーズの『さらば愛しき女よ』もまた、子供の頃熱狂した映画だ。フィリップ・マーロウ役のロバート・ミッチャムが、「年を取った」とつぶやく冒頭に痺れた。シャーロット・ランプリングとけだるいテーマ曲に当時は痺れまくった。
そして現在見直してみると、チャンドラーを相当に読み込んだと自負する身にとって、ミッチャムのマーロウ像は年を取り、疲れすぎている。当時のミッチャムに当ててそういう設定にしたと推測するが、この映画のミッチャムは本当に疲れて見える。アルコール疲れをしている顔つきだ。
そしてラストの、殺された男の、白人と黒人のハーフの遺児に事件決着の報酬を与えようとするマーロウには違和感を覚える。黒人と結婚して社会から疎遠になっていくという登場人物は確か小説にはないはずで、こういう設定の人物を作り上げるところが、製作時1975年という時代を感じさせる。このとってつけたようなリベラル感がチャンドラーの世界にそぐわない。

伊藤大輔監督、大川橋蔵主演の『この首一万石』という映画は初めて見たのだが、うわっ傾向映画!とかけ声を放ちたくなるような反乱劇で、その臆面のない傾向ぶりに驚き、堪能した。久しぶりに竹中労の『傾向映画の時代』のページをめくってみた。伊藤大輔の長いインタビューがある。
いやはや見ていない映画がやまほどある。

アンリ・ヴェルネイユの『冬の猿』もまた堪能した。ジャン・ポール・ベルモンドが酒場でやるピンコとビールのハーフというのを今度試してみようと思う。そしてなんといってもジャン・ギャバンである。老人という役柄だが、この映画に出た時のギャバンは58歳である。今の私と同い年である。なんという堂々とした老人っぷりであろうか。私も、柄本さんと同い年ぐらいですかと聞かれてむっとしたりせずに、恥知らずなまでに老人をやって周囲に迷惑をかけようか。

そして遅れた話題だが、『スター・ウォーズ・最後のジェダイ』。私はとりたててこのシリーズの熱狂的なファンではないものの全作品を見ており、前作のレイア姫の登場とラストに振り返った男、ルーク・スカイウォーカーに興奮してしまった人間だから、今回のルークの活躍には、ほんと、見ながら、生きていたのかマーク・ハミルと涙なくては見られなかった。
マーク・ハミルはルーク・スカイウォーカー以外にこれといった当たり役はなく、文字通り一発屋なわけだが、情報によるとルーク・スカイウォーカーのおかげで出演以後悠々自適の人生を送り、今回の出演には「『スター・ウォーズ』シリーズはすごい。なんたってぼくに年金もくれようというのだから」と素晴らしくクールなコメントをしている。いやあ、よくは知らないが、薬物依存とかならずによく生き延びていてくれたものだ。
そういうわけでマーク・ハミルが剣劇やってるだけで満足なので、映画自体が中盤まで退屈だったとか、結局さして面白くなかったとかは気にしない。ラストのタイトルロールに流されるレイア姫のキャリー・フィッシャーへの追悼の言葉にわっと涙があふれた。
2018-02-05 13:33 この記事だけ表示