公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ひさしぶりに小説について書く。
カズオ・イシグロの『日の名残り』を読んで、面白いので驚いた。これまで氏の作品は一度も手に取ったことがなく、ご多分にもれず、ノーベル賞のニュースで、さして期待もせずに読み出したのだが、その面白さに途中で止めることができずに一気に読んでしまった。
正統的、本格的な英国小説である。
などとエラソーに書いてみるが、20代30代の頃は英国、ロンドン系統には一切興味がなかった。イギリス映画にのりきれないものを感じ、演劇と言えば、退屈な保守だろうと決めてかかっていた。
気取って紅茶すすってんじゃねえよ。
だから、私にとっては英語圏と言えば、圧倒的にポップにして実験的なニューヨークだったわけだ。
日本生まれの英国作家カズオ・イシグロの小説など、ジェームス・アイボリーのつまらない映画みたいなものだろうと高をくくっていたわけだ。
英国及びロンドンがいいと思い始めたのは50代に入ってからで、去年のロンドン滞在は短期間とはいえ、実に楽しかった。
保守とは、動こう変えようとしない退屈を意味するものではないと理解してきたからだ。
するとティータイムの深さ、パブの楽しさがぐんと近くなった。

今回、『日の名残り』が英国貴族の執事の話というところも、読んでみようと思った動機である。
『ダウントン・アビー』である。読んでいる最中もこのドラマの場面場面がかなりの読書の補助線となった。
また、老人の執事が主人公のこの小説の面白さは中年か初老でなければ理解できないかも知れない、とも言える。
小説でしか味わえない妙味というものに堪能した。
アンソニー・ホプキンスの主演で映画にもなっているが、見る気はしない。どうせ無用にドラマティックに脚色されているのだろう。そういうのは見たくない。そういうのは『ダウントン・アビー』で見られるからけっこうだ。
続けて『わたしを離さないで』を読んだ。これも、舞台化、映像化されたものなど見たくもない。妙味は失せ、お涙頂戴青春モノになってんじゃないかと推測する。カズオ・イシグロの持ち味は抑制の妙味だから、ドラマにするとその味は薄れるか消えるに違いない。

そういうわけでさらに『夜想曲集』を読んだ。
なんとわかりやすい面白さに満ちた短編集だろう。抑えられつつもあふれわたるコメディ・センスにミスター・ビーンを思い起こした。ジェントル・スラプスティックとでも名付けたい。
さて、『忘れられた巨人』にとりかかろう。
2018-02-03 14:13 この記事だけ表示