公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
チャールズ・ラドラムと彼の劇団リディキュラス・シアトリカル・カンパニーを知っている日本の演劇人がどれだけいるだろうか?
えらそうなことは言えない。私もまた知らなかった。正確に言えば名前だけは知っていた。彼の伝記が2009年に新宿書房から『リディキュラス!』のタイトルで上梓されている。私はこれを購入して、なんだかおもしろそうなオッサンと認識するだけで、デビット・カウフマンによるこの本を最後まで読み切ることはなかった。
大体において伝記というものは、幼少年期で飽きてしまう。書かれる人物の知識が少ないと尚更だ。
ところが、当ブログで既に記述した通り、2017年11月のニューヨークにおいて、ラドラムとリディキュラスの追悼記念公演等々に触れた私に一気にラドラムへの視界が開かれ、それから『リディキュラス!』を読むと、まあおもしろい、おもしろい。この本は労作にして傑作である。
などと今更述べている私である。
伝記の筆者であるカウフマンも登壇したラ・ママでのパネル・ディスカッションで司会を務めたショーン・エジコンは2017年に『Charles Ludlam Lives!』を上梓した研究者で、本の中でエジコンは、ラドラムがゲイの劇作家としてテネシー・ウィリアムズ、エドワード・オールビー、テレンス・マクナリー、トニー・クシュナーのようにアメリカ劇界のメイン・ストリームというポジショニングからしばしば無視されてしまう傾向にあるのは、ブロードウェイへの登場を拒否し、故にトニー賞にノミネートされずに人生を終えたせいかも知れないと指摘する。
ラドラムは終生オフ・ブロードウェイ、ウエスト・ヴィレッジ、シェリダン・スクエアの自分たちの劇場にこだわり、ハリウッドB級映画、キャンプ、ドラッグ(女装)、オペラなどからインスピレーションを受けて舞台を創ったと紹介されるように、60、70年代のカウンター・カルチャーの騎手としての側面が強いが、今戯曲を読んでみると、演劇の古典からの換骨奪胎を試み、過去の演劇の成果と戯れる、極めて正統的な演劇の伝統の継承者としての像が現れる。
『椿姫』から導き出されるクリシェとしてのメロドラマ(『カミーユ』)、アルター・エゴについての演劇的原点とでも言うべき腹話術という装置への回帰と信頼(『腹話術師の妻』)、驚異的な早替えによって何役もを演じる二人芝居(『イルマ・ヴェップの謎』)と、理論だ形而上学だという以前の単純な仕掛けと趣向のエンタテイメントに満ちあふれたラドラムの劇に私は深く共感を覚える。
キャンプとドラッグと一度離れたところでラドラムを読解すべきだろう。
エジコンによれば、ゲイ作家としてラドラムが深く影響を受けているのは、マルセル・プルーストであり、同性愛に関しての描写の文体はプルースト・コードと名付けられる。
さらにラドラムが究極のところ、探求しようとしたのは、男性女性というふたつの性とは別の第三の性で、それが現在LGBTに新たに付け加えられたQ、つまりLGBTQのQ、クイア・ジェンダーと連動するのではというのは、私の勝手な解釈だ。
こうした事象は日本では遠いこととしてしか認識されない傾向にあり、それはラドラムの影響下にあるクシュナーの『エンジェルズ・イン・アメリカ』が実は日本の観客には強く感応されていないことと無縁ではない。
ラドラム劇を受け入れる土壌がここにはないのだ。

エジコンの本はラドラムの継承者としてチャールス゜・ブッシュ、ブラッドフォード・ルーリク、マック・テイラーを論じている。
それぞれが新世代のドラッグ・クイーンだが、ラドラム自身が自作で女を演じているのは『カミーユ』と『ガラス』の二作のみであることも注目したい。エセル・アイケルバーガーはリディキュラスにおいて重要な女優であったが、ラドラムが親友にして女王アイケルバーガーとも位相を異にすると感じさせるのは、その極めて正当の伝統主義者の貌である。
とここまで書いて気づいたのだが、ドラッグ・クイーンをカウンター・カルチャーの側面ばかりで捉えるのはそもそもの誤りで、女装はそもそも俳優にとって伝統だったのだ。シェイクスピアの時代しかり、歌舞伎しかり。
そして、ラドラムの劇の面白さは、そのくだらなさにあり、まじめに不真面目をやるというスタイルに深く共感する。

そこで今年の抱負は、相変わらず、能天気!
2018-01-04 14:49 この記事だけ表示