公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
8ED68FF8-6CB1-4B3E-9307-7659BEEB8905.jpeg

リーディング、終わって、今打ち上げやって帰ってきたところ。
いやあ、確実に伝わっているので感激した。詳細はまた後ほど。

話は変わるが、ナットシャーマンを見つけて今更ながら感動。五番街の店舗を追われて潰れたものとばかり思っていた。
2017-11-13 11:35 この記事だけ表示
ラママでリディキュラス・シアトリカル・カンパニー成立50年、チャールズ・ラドラム死後30年の記念イベントがあり、かつての出演俳優、照明デザイナー、研究者などがパネリストとしてラドラムを語り、その合間に上演ビデオの断片、ショート・リーディングなどが挟まれ、いやはや面白かった。パネリストとしてジョン、日本でラドラムに関しての唯一の翻訳本『リデュキラス!』の筆者ディビット・カウフマンも登壇している。
私は当然の如く実際のラドラムの舞台は見ていないが、ビデオを見、パネリストの話を聞くうちに20代の頃のスラプスティック・エロ・テイストの記憶が蘇り、むくむく役者熱が湧いてきた。
困ったものだ。

3CBFD9D8-9070-482F-B255-DB1D62AC9FAC.jpeg


前列右からジョン、隣がカウフマン。その隣がかつての出演者ブラック・アイド・スーザン。
中央の中根さんみたいなお婆さんが、多くの舞台に出たローラ・パシャリンスキー。


2017-11-12 10:06 この記事だけ表示
久しぶりにMOMAに行く。出国する時から今回アンリ・ルソーを見ようと決めていた。
『夢』と『眠るジプシー娘』の二点だ。人気で人だかりのゴッホの星空の絵のはす向かいにある。特にジプシー娘が好きで時間をかける。この絵は小説にも登場させた。猫の愛ちゃんがじっと見つめているうちに、中に入ってしまうのがこの絵だ。

夜、ブロードウェイで『Mバタフライ』を見る。ディビット・ヘンリー・ウォンの成功作だ。それを今回ジュリー・テイモアが演出している。本が成功しているから俳優がよければまず間違いはないというやつ。取り立てて特殊な演出をしているわけではない。というか、演出の自意識を盛り込もうとしても無駄なのだ。だから誰が演出しようと、そこそこいい。

夜になっていっそう凍れる。ぶるぶるだよ、ブルブル。
深夜のテレビのヴァラエティ番組では、トランプがイジリの的だ。これだけ色々オチョクリ要素を持ち合わせた大統領がいただろうか?
2017-11-12 01:52 この記事だけ表示
うへ〜、冬だよ、真冬だよ。凍えて手袋買ったよ。
この時期で記録的な寒さだと。
気候のことで記録的ってのは日本で聞き飽きてたけど、ここでもかッ。
2017-11-11 15:15 この記事だけ表示
ジョンとボニーとランチ。ウエストヴィレッジのしにせのピザ屋、アルトゥロに行くが、やっていないので近くの中華屋。味噌汁、茄子と豚肉の味噌炒め。
今年亡くなったサム・シェパード、亡くなって30年のチャールズ・ラドラムの回顧と、この秋は追悼公演ばかりだ、とジョン。
食後、ふたりと別れてウエストヴィレッジをぶらぶら。ここのまったりとしたボヘミアンの空気は変わらない。

ストランド・ブック・ショップで来年の新作の資料を探す。求めていた三冊のうち一冊はあった。
夜、ラママでラドラムの『CONQUEST OF UNIVERSE OR WHEN QUEENS COLLIDE』を見る。1時間40分。
ジョンは、ラドラムの劇はもっと小さい小屋でやるべきと言う。さらに彼が言う通り、やはりいささかオールドファッション。
歌だダンスだと長過ぎる。
9番ストリートの蕎麦屋で天ざるを食べながら、来年の事を話していると、11時を過ぎている。タクシーでホテルに帰る。
2017-11-11 00:34 この記事だけ表示
ANA機は快調に飛び、予定よりも早く着き、そのせいでというわけではないが、ホテルのチェックイン時間にはまだあるので、ブライアント公園をぶらぶらして、ドラマブックショップまで足を伸ばす。私の戯曲集はアジアンコーナーにしっかりある。ということは、一年間売れてなかったってことか。それとも補充してくれているのか。まあ、どっちでもいい。
シェパード、ロリ・パークス、そしてジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・リビングデッド』をミュージック舞台化した戯曲などを求める。

チェックインして、昼寝をし、夕方いそいそダウンタウンのマクソーリーパブに向かい、たまたまテーブルが相席になったパレスチナ人の俳優と喋りながら、ダークを二杯、ライトを二杯。
飲むうちに思い立ってラママ・ギャライエでやってるチャールズ・ラドラムの戯曲リーディング『ブルジョワ、アヴァンギャルド』を聞きに行く。さすがラドラムの毒が効いている。が、時差ボケは隠せず、途中完全に落ちる。
今年はラドラムが亡くなってから30年にあたり、ラママではリディキュラス・シアトリカル・カンパニーの元メンバー達による公演もやられている。いい時期に来たものだ。

ホテルに戻り、フロント近くのインフォメーション係りに相談していると、パット・モリタに似ていると不意に言われる。
誰だそいつは?と返すと、pc画面をこちらに見せる。『ベスト・キッド』の俳優である。
2017-11-10 08:23 この記事だけ表示
ジョン・ジェスランとリレー戯曲の新タイトルが決まった。
DISTANT OBSERVER
ノエル・バーチの日本映画評論、To the Distant Observer から付けたタイトル。
リーディング情報はティーファクトリー日乗をご覧ください。
このリーディングを経て、来年3月、ニューヨーク、ラ・ママでいよいよ本公演上演となる。
2017-11-07 20:11 この記事だけ表示
ベイスターズ、負けました。
やっぱり、大事なところでミスがあったからなあ。昨晩は睦としみじみ酒を呑む。
「元気出せよ」と睦。
その声に、かつて途中でやめてしまった連載戯曲『小夏さん』を復活しようと突如思い立つ。
準備して、やろうと思う。
しばしお待ちください。
2017-11-05 23:25 この記事だけ表示
さあて、ベイスターズ、元大洋ホエールズ、福岡決戦、7戦まで持ち込んでくれい。
ヒーローインタビューで「普通です」を連発する筒香はサイコー。
2017-11-04 12:57 この記事だけ表示
ポール・ヴァーホーヴェンの新作『エル』は面白い。実に面白い。
主人公のキャラ、語り口がいい。日本では受けないだろう。共感できる人があまりいないだろう。
カオスを生き抜く女主人公が素晴らしい。演じたイザベル・ユベールは相変わらず勇気がある。
ユベールといい、シャーロット・ランプリングといい、ヨーロッパの女優達は年齢を気にせず、素敵に過激だ。
ヴァーホーヴェンには『ブラックブック』という気合いに満ちた傑作がある。
ビザールな事物、ストーリーを華麗にぶちかますヴァーホーヴェン映画!
好きだ!
2017-11-03 12:40 この記事だけ表示