公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
11月12日日曜日、午後4時、ニューヨーク、ラママで、ジョンと私のコラボ、リーディングが上演されます。
『東京ーニューヨーク往復書簡』です。
アメリカ人俳優達による全編英語上演です。
お近くの方はぜひお越しください。

2017-10-27 11:52 この記事だけ表示
セリフの荒野。荒野の台詞。

4227097F-58E4-4A43-B538-C001B63BC176.jpeg

愛です。あたしも応援しています。
2017-10-26 12:29 この記事だけ表示
やったぞ!
日本シリーズ進出!
ラミちゃんの采配、お見事!
さあさあ日本シリーズで忙しくなってきた。
2017-10-24 21:44 この記事だけ表示
支持政党はなく、今回も困った時の共産党ということになった。
まあ妥当な選挙結果だが、なんとなく敗北感に見舞われ、長雨も相まっていっこうに元気が出ない。

だが、ベイスターズが王手を掛けたので少し気分が良くなる。
2017-10-23 21:37 この記事だけ表示
遅くまで選挙関連番組を見ていた。
結局何も変わらず、か。良くも悪くも、か。
国民の冷静な判断、か。
安倍晋三のおぼっちゃま政治がまた始まるのか。
2017-10-23 14:01 この記事だけ表示
台風にも見舞われるし、意味から過程から最低最悪の選挙だが、投票は行かないとな。
腹は決まった。
2017-10-21 12:03 この記事だけ表示
公演が終わって二週間を過ぎて、活字の荒野の真っ只中。
先日岡田と飲んだが、顔が稽古中、本番中と違うという。
そうなのだろう。人間モードが活字にスイッチしているのだろう。
寒くて、寒冷アレルギー。くしゃみ、鼻水。
2017-10-20 16:47 この記事だけ表示
ベイスターズ、ファイナルステージ進出!
やりましたね!明日からカープ戦。
忙しくなるな。
2017-10-17 23:00 この記事だけ表示
ニューヨークからボニー・マランカ氏が訪日している。ボニーは演劇批評家で、演劇批評誌PAJの編集発行人である。PAJからは様々な批評、戯曲の本も刊行されている。
東京で何か見るものはないかと相談を受け、座・高円寺でちょうどやっている舞踏に行こうということになった。台詞劇はどうしても字幕がないとつらいということだ。そりゃそうだろう。
当日、高円寺への行き方がわからないので、新宿で私が拾うということになった。日本が初めてというボニーは心細げに南口に立っていた。
とにかく、駅のどこから出ていいかわからないし、出てもそこがどこかもよくわからない、とぼやくボニーと私は帰宅で混雑する構内を歩くのであった。
確かに外国人目線で電車に乗ろうとすると、まだまだ圧倒的に英語が少ないし、説明が足りない。五輪はこれでだいじょうぶなのだろうか?
ロンドンは五輪の名残りでそれはそれは丁寧なマップが路上のあちらこちらに立っていてとても便利だった。
まあ、ふと俯瞰すると東京の大きな駅は、意地悪してるのかと思うくらい、よくわからない。迷路だ。
街自体も広い。私なども新宿といっても歌舞伎町、三丁目方面は得意だが、南口、西口方面となるとよくわからない。
マンハッタンではほとんどバスか歩きというボニーである。
そう、マンハッタンというのは実は狭くて、コミュニティの結束が固い、いい意味での村なのだよ。

そういうわけで、高円寺で工藤丈輝氏の舞踏を見た。私にとっても氏の舞踏は初見であったのだが、その真摯さに打たれた。また見たいと思う。
で、ボニーを大一市場の焼鳥屋に連れて行く。
「こんなところが東京にあるなんて。クール!」と大いに喜んでいただいた。
そう、こじゃれていて大して美味くもないところより、わっさわっさエネルギーがあって美味しい店のほうが、インターナショナル・ピープルは喜ぶ。
ニューヨークの演劇は今まったく面白くないとボニーは言う。ダウンタウンの劇群のことである。
どれもこれもコラージュばかりで、おもしろい戯曲がない。コンサバで巧い戯曲はあるが、刺激的でおもしろいものが出てこない、というわけだ。
帰りもまた新宿の都営線の改札まで送る。
金曜日の夜で人でいっぱいだ。
ああ、東京。と雨空を見上げる。選挙はどの党にいれればいいのだろう?私はまだわからない。

2017-10-15 16:57 この記事だけ表示
とはいうものの、新作の準備だ。
11月にはニューヨークリーディング。航空チケットを手配していただき、ホテルを予約して、esta申請などをする。
突然だが、50代なんてのもまだまだガキだ。

2017-10-11 15:28 この記事だけ表示