公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
なかなかだよ。なかなか快調だよ。
サッカーw杯出場も決めたし、なかなかだよ。
綺麗なゲームだったねえ。
2017-08-31 22:05 この記事だけ表示
快調。今日も粛々とやる。
2017-08-30 12:14 この記事だけ表示
『何がジェーンに起こったか?』という映画は幼少期に見て、ほとんどトラウマのようになったもので、これを元にかつて私は『クリシェ』という劇を書いた。これはいずれ再演したい。
映画では、ベティ・ディビスとジョーン・クロフォードという二大女優の共演なのだが、このふたりがぶつからずにやり終えたのかねという興味と疑問がかねてよりあり、スカッとその問いに答えてくれるかのようなテレビ・ドラマが秋より放映される。
『フュード』といい、まさに『何がジェーン』撮影時のふたりの確執とケンカを描いたものだという。やはり、そうだった。仲良くやっているはずがない。
ベティ・ディビスをスーザン・サランドンが、ジョーン・クロフォードをジェシカ・ラングがやるという。
わくわく。ロバート・アルドリッチは誰が演じるのだろう?
わくわく。
ジョーン・クロフォードといえば、その養女の自伝をもとにした『愛と憎しみの伝説』という伝説の映画がある。
最近見たのだが、これももう幼少期に見たとしたらトラウマ確実の映画ですよ。
フェイ・ダナウェイが演じるジョーン・クロフォードが顔に化粧パックをしたまま、養子の少女を異常なヒステリーで叱るシーンの恐ろしさといったらない。
母という異常なヒステリー。なんだかデジャヴだ。わかる人にはわかるだろう。わからない人は幸福だ。
当時は大酷評で主演のフェイ・ダナウェイ、監督のフランク・ペリーはこの一作以後干されたという。
が、しっかりした映画だ。今見るとフェイ・ダナウェイの演技が凄すぎて笑える。日本のアングラ演技のようだ。
ただシナリオが弱い。あまりに養女視点であり過ぎる。

そんなこんなでこれから稽古だ。
映画のことを書いてる場合か。
2017-08-24 13:50 この記事だけ表示
座・高円寺で『生きると生きないのあいだ』のリーディングを行った。俳優諸氏、リーディングの目的と趣旨を的確に理解し、大変いい上演だった。満足まんぞーだ。
それにしてもリーディングを初めてやる方、見る方が多いのを知り、驚いた。以前よりやられている感覚があったが、違うんだな。
だからリーディングについてまったく誤解している演出家、俳優が多いのだなと合点がいく。リーディングを二週間稽古などありえない。それはもはやリーディングではなく、朗読会の変形だろう。

リーディング後のトークセッション、中津留氏、古川貴義氏、古川健氏と同席したが、久々参加しておもしろいトーク会だった。貴義氏の司会がスマート。「俺が俺が」がなく、変なヴァラエティ番組のりでもなく、エンタメにしてインテリジェンス。ほめすぎ。
両古川氏、チラシの顔写真と実物が違う。

その後、懇親会で、ひさしぶりに大人数の宴会に出た。延々五時間。まあみんなよくしゃべるわ。
わーわーしててしばしば目の前の人との会話が聞こえない。
大酔いしないようにレモンサワーで留めておいた。
楽しかったぜ、ベイビー。

さて明日より稽古だ。
2017-08-23 13:34 この記事だけ表示
池袋のリハーサルルームでリーディングの模索というか稽古というか、まあいろいろ。
明日は公開日。楽しみです。
帰宅して原稿書き。
2017-08-21 22:40 この記事だけ表示
今週はいよいよ安らげない展開になってきた。
まるで『網走番外地』だ。やりたい放題だ。
脚本家バンザイだ。
2017-08-19 13:16 この記事だけ表示
劇作家協会のこの企画、今日は2日目。昨日は高円寺、今日は池袋。
扱う戯曲は『生きると生きないのあいだ』。2014年、柄本明氏主演の舞台。
来週22日には、この戯曲全編リーディング公演、座・高円寺の阿波踊りホールでやります。
お問い合わせは劇作家協会へ。
2017-08-18 22:49 この記事だけ表示
ロバート・アルドリッチの『ヴェラクルス』を再見。サム・シェパードがこの映画のバート・ランカスターの白い歯にいかれたというのを思い出す。

ジャコメッティ展に行く。なんとなくブロンズ像たちが、所在無げに見える。写真で見ることのできるジャコメッティのパリの片隅のアトリエ、古木戸の向こうの納屋のようなところで見たら、凄まじく感動するのではないかなどと思う。初めてこの六本木の美術館に来たが、いかにも日本の新しい美術館という感じ。快適だが、わがままなダイナミズムがない。ダイナミズムに欠けるから作品が輝かない。国立と名の付く日本の建物はおおむねそうだ。演劇も同じ。なにを置いても、なにをやっても一様に小さく見えてしまう。
六本木という土地がまたくせものだ。上野で見たいよ、上野でと保守的なことを言いたくなる。
ジャコメッティが素敵な保守だからということもある。
絵も彫刻も芝居も土地と空間が深く関係してくる。当たり前のことだが。

昨日は墓参り。
稽古前にいろいろやれることは全部やっておこうというわけだ。

それにしても今年の上半期は去年に比べてアレルギー症状が軽度で調子よかった。去年はスギ花粉から始まっていろいろ辛く、常に顔に赤みが出てまぶたが腫れていた。心ない人は、酒やけとか病気かとうるさかった。それが今年はなかった。
夏は食欲が増す。ばてた顔はするが、夏には強いようだ。

2017-08-12 14:40 この記事だけ表示
台本印刷完了。皆さんのお手元に届きますぞ。
『エフェメラル・エレメンツ』戯曲本も出る予定です。

今日はデンマークからやってきた演劇人と話すので渋谷に向かったが、ほんっと暑くて参ったな。
2017-08-09 01:47 この記事だけ表示
四稿目上がる。
2017-08-04 13:58 この記事だけ表示