公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『レッド・サン』を見直したが、悪い映画じゃない。キャスト、スタッフ、みんな頑張ってる。テレンス・ヤングというひとも、やはり軽視できない。
ジョン・フォードの『わが谷は緑なりき』も子供の頃見た映画だが、今見直すと、語り口の巧さに感動した。見事な省略話法である。子供時代はジョン・フォードより圧倒的にセルジオ・レオーネだったのだが、やっとフォードと出会える刻がきた予感がする。いや、正確に言えば、『捜索者』とか『リバティ・バランスを射った男』とかは大好きだった。殴り合いが正当化される故に嫌いだった『静かなる男』も今見直したい。
現在、『エフェメラル・エレメンツ』、前売り発売中。
渾身の力をこめて書いております。

『ニッポン・ウォーズ』リーディング公演は、昨日七月中の稽古を終えました。市民参加公演。これ、面白くなりそうっすよ。
ずいぶん長い間、『ニッポン・ウォーズ』を避けてきたが、もう他人が書いたのをやっている気分で、照れずに台詞が言える。
ほんっと、もうほとんど他人の戯曲と向かい合ってる気分。時間ってのは不思議だねえ。
そういうわけで、私、三十数年ぶりにQ将軍の台詞をのりのりで言っている。今の年齢のほうが、将軍の台詞はしっくりくるな。

皆々様、さまざま、いろいろ、どうか、よろしくお願いいたします!
『エフェメラル・エレメンツ』、お得な先行予約中。
セット券、全ステージ学生割引、ペア券などなど色々お得があります。
ティーファクトリーHPへ今すぐGO!

演出のマ・ドュヨンさんは38歳である。劇の中の男役で出演もしている。
「この戯曲は俳優にとってやりがいのある、俳優のために書かれた戯曲だと思う」
マさんは言う。この言葉は圧倒的に正しい。

IMG_5396.JPG

アフタートーク。
左がマ・ドュヨンさん。右が翻訳のイ・ホンイさん。彼女の語学力はすばらしい。
昼間、『エフェメラル・エレメンツ』に没頭し、夜、『ニッポン・ウォーズ』リーディング稽古で吉祥寺シアターへ。
ロボットたちとの日々。熱い日々である。
『やすらぎの郷』は見るのをやめた。見ると気合いが失せる。
韓国から帰国した日から『エフェメラル・エレメンツ』と同時に上演される市民と造る『ニッポン・ウォーズ』リーディング公演の稽古に入っている。リーディングですが、参加の皆さん大張り切りで面白くなると思いますよ。
で、私が初演以来30数年振りにQ将軍を演じます。そして第三エロチカ公演ではJ役をやり続けた宮島健さんが、Jをやります。
昨日は宮島も参加で、30数年振りに私と宮島がQとJの掛け合いをした。なんだか30数年振りのマンザイコンビの復活みたいな気分だ。マンザイはやったことないけれど。

IMG_5474.JPG

還暦はまだよ。

初日、アフタートーク、無事終了。

IMG_5373.JPG
キャスト、スタッフと。
ほぼみんな30代。

IMG_5376.JPG
鳥食べた。

詳細は追って。
今、帰途、金浦空港。
ホテルにチェックインして劇場に向かうのに翻訳のイ ホンイさんと待ち合わせると、女性なのでびっくり。これまでメールのやりとりをしていたのだが、はなから男性と思い込んでいた。
劇場は大学路の小劇場。演出のマーさんと演劇祭のプロデューサー、コーさんと会う。俳優の皆さんは稽古の最中。

IMG_5357.JPG

IMG_5358.JPG

IMG_5359.JPG

8時からゲネプロ。2時間10分。
これが力のこもった舞台に仕上がっている。どこがいいのかはまた追って書くが、とにかくゲネプロ後、みんなで蛸のしゃぶしゃぶをつつき、しばし色々話す。マーさんが7年前の大学路での『新宿八犬伝』のリーディングを見ているのを知る。
色々書きたいことがあるのだが、まだ初日幕が開いたわけではないので、また。
羽田空港の国際線はこれまで何度か使ったはずなのだが、初めてのような感じがする。きれいで使いやすい。だが喫煙所は成田空港の勝ちね。大方の空港同様、狭いお仕置き場。喫煙者はここで反省せいって部屋ね。
ソウル行きを決めたと連絡をいれると、早速現地記者からの書面インタビュー、アフタートークの打診など、色々大変なことになってきた。小劇場の公演なのだが、気合が入ってる。