公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
由良君美の名前はご多分にもれず四方田犬彦氏の『先生とわたし』で知った。
今古書店では高額がついている。今回まとめて読んでいるが、私のような浅学の者には太刀打ちできんわ。ってはなから立ち向かおうとは思ってはいないが。
まさに書痴と自ら名乗るように、本好きなんてもんじゃないほどの本狂いで、私も随分本を購入して読むが、まあ、太刀打ちできんわ。って対決しようなんて思ってないけど。
私はたまに一気に蔵書を古書店に売り払うくせがあって、大切に読んでいたはずの本を不意に手放そうとするのである。こうしてヤン・コットの著作とかマーティン・エスリンの『不条理の演劇』とかを古書店にやり、今後悔してアマゾンでそれらの古書を買い戻そうとしている。馬鹿である。売った時は、おれは最早こんなもんぐだぐだ読んでいてどうする!捨てちまおう!という具合なのである。
存命の誰某の著作類を一気にうっぱらったこともある。雑誌に私に関して浅はかな批評をしているのを読んで頭にきてである。こういうのは後悔しない。
どうも本に対しての愛がいまいちだなと自分で思う。
かつて別役実氏の評論集を古書店で手にして扉を開くと、「早●●●様へ」と添えられた別役さんのサイン入りであった。贈呈されたサイン入りを売っちゃまずいんじゃないか。
仕事仲間でダチの町口覚氏がまたおもしろい、出色の写真集を造った。
田附勝氏撮影による東出昌大写真集である。
造りが人気俳優の写真集とは思えない深遠と洞察にあふれた中身である。
ページをめくっていると、ドキュメンタリー映像を見ている気にもなるし、人気俳優主演のATG映画を見ているような錯覚も覚える。見応えがあり、かつ読み応えがあるのである。
是非、お手にとってみていただきたい。
新作のキャスティング、ティーファクトリーHPで発表いたしました。

今日は新宿の事務所で税理士さんと会い、青山一丁目でマッチと新作のチラシデザインについての打ち合わせ。
高田馬場で久しぶりに俺の空のラーメンを食べる。美味しかったです。
ここ数年、ノースカロライナの学生、フィレンツェの大学院生などから私についての卒論を書く故の問い合わせなどがあり、不思議な気持ちだ。
あと数日でティーファクトリーHPで発表します。

なんか昼夜の気温差に体がついていけないなあ。
真夏日の今日、書斎にこもっていると、今が何月だったかがわからなくなり、さらにふと自分はどの国のどの街にいるのだったっけなどとぼんやりとし、さらにラジオのスイッチを入れると、すでに戦争が近くで始まっているのでは、いや、戦闘は当の前から開始されていて知らなかったのは自分ばかりだったりして、などという妄想にかられながら、夜になってワープロから離れる。
日々、書いております。
いいキャスティングになりそうです。

ブログが移行してからまだ左側のデザインの変え方とかわからないまま。
ガチャガチャいじくって一度ブログ本体を削除してしまってから、触れるのが恐ろしくなってる。
井の頭公園に行く。
ほとんど葉桜。今年も存分に桜を愛でた。
エフェメラル・エレメンツ。

当分、本は由良君美、映画はケン・ローチを追いかけよう。
来週19日にはイタリア文化会館で四方田犬彦犬彦氏をはじめとするパゾリーニ学会の講演会がある。実に楽しみだ。
ケン・ローチのl映画をこれまで一本も見ていない。
左翼の社会派というレッテルから積極的に見ようとは思わなかった。
ところが、監督80歳の渾身の作と聞いて映画館に向かったところ、慎ましやかな撮り方でありながら、画面から伝わってくる圧倒的な気合いに感動してしまった。何も新しいわけでもなく、ストーリーもまさにプロレタリア映画なのだが、教条的でないのがいい。
80歳の気合いに元気が出る。
ローチのこれまでの作を追ってみようと思う。
新作のキャスティングが固まってきた。
花見はまだできるという日々である。
昨日は新宿、池林房で出版会議であった。有意義であった。
五月の洋行もやっと固まりつつある。
このところ外国からの要望、質問多し。
私、戯曲執筆の荒れ野の真っ只中にあり、俗事から離れ、
修行僧の態。
由良君美を読んでいる。面白いね〜。