公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
昨晩、ブログ移行に伴い、その変更作業を、わからないくせにいじくり回してアカウントを、なんと消してしまいました。復旧されて今に至ります。
お馬鹿な私です。
皆様、ご迷惑をおかけしました。
に移行しました。
今後とも宜しくお願いします。
2017-03-27 12:25 この記事だけ表示   |  コメント 0
なんという1週間だったろうか。WBCで泣き、サッカーW杯で喜び、稀勢の里怪我に落胆し、証人喚問が国会であり、なんという忙しい週だと目を回していると、稀勢の里逆転優勝!ドラマ作りの新横綱!大好き!
IMG_5029.JPG

睦さんです。

IMG_5030.JPG

小夏さんです。

IMG_5037.JPG

愛ちゃまです。
イープラス移行のため、当ブログは21日から26日まで更新できなくなります。オーディションの詳細などはティーファクトリーHPをご覧ください。お待ちしております。
来週末の24日、25日、福岡市博多のぽんプラザホールで、福岡市文化芸術振興財団、FFAC企画による創作コンペティションが行われる。
要するに一本の短編戯曲を巡っての上演審査、演出コンクールだ。
今回取り上げられた戯曲が私の『春独丸』である。最終候補に残った三人の演出家による舞台が上演される。
おもしろそうだ。当日変装して会場に入り込もうかな。ドナルド・トランプのゴム面被って。その後博多のいろいろ美味しいものを食べる。
審査員のメンバーがまたおもしろそうだ。
短編戯曲っていいよね。何がいいって長くないのがいい。書いていて楽しいし。
博多で酔っぱらいたい。
WBC、日本チーム準決勝進出。選手はみんないい。心配なのは監督の采配だ。パニクるとこの監督変なことをする。大相撲で注目なのはやっぱり稀勢の里。これまで取り組み前、目をしぱしぱさせたり不気味な笑みを浮かべたりといろいろ楽しませてくれたが、今場所もまた披露してくれる。立ち合い前の表情に注目されたい。「なんか人生楽じゃないよなあ」ってな顔で向かうのである。なんともいえない表情である。サイコー。

さて、第二章から一年以上あいて、第三章。今度はジェスランがタイトルを決め、出だしの前半もジェスラン担当であった。ぼつぼつ原稿をとメールを送ると、アメリカはちょうど大統領選後でドナルド・トランプのアメリカに対して本気で絶望している、森で自殺したいくらいだとあり、マンハッタンでのトランプ抗議デモを撮った写真が添付されたメールが返されてきた。
お互い事前に内容を確認することは一度もなかったが、今回、前回から随分世界が変わったからといった趣旨のメールも送られてきた。
「路上にて」「森にて」ときて次はどこだ?宇宙にでも飛ぶか?などと冗談を言い合っていたことを思い出し、どこになるのだろうとわくわくして待っていると、タイトルは「I Walk on Golden Splinters」で、書き出しのト書きは「いまだ森の中」であった。
珍しく、タイトルの意味合いについての質問メールを送ると、ドクター・ジョンの歌のタイトルから取ったという。調べるとI walk on guilded splintersという曲がある。guildedをGoldenに変えている。splintersは棘、破片といった意味の単語である。
私は、勝手に推理して、ははーんと納得した。黄金できっらきらのトランプ・タワーを思い起こし、Goldenはトランプ政権下のアメリカのことで、つまり「わたしは黄金の破片の上を往く」とは、ジェスラン自身を含むアメリカ国民のことだと踏んだのである。まさに今アメリカはトランプ大統領の政策という黄金の棘、破片の上を歩いているのだ。
私はそう思った。確認の質問はしない。そう思ったからにはそう思って後を書けばよいのである。ちなみにジェスランから私に質問したことは一度もない。
私は最初にトランプ・タワーを見た数年前の第一印象を思い出した。きらきらの黄金色のビルの外観を見て一番先に思ったのは、豊臣秀吉の黄金の茶室であり、トランプという人は豊臣秀吉に似た権力志向を持った人物と想像したのだった。
私はそのことを物語に取り込んだ。
彷徨える主人公は柳刃包丁を携えたまま未だ森の中だ。すると、新しい当局からやってきたメンバーが、森の大火事について主人公を尋問する。メンバー達は刷新された当局の人々だと名乗るのである。
主人公である寿司職人、かつての殺人者は、相変わらずぼんやりして自分の立ち位置がわからない。
当局メンバーは火事で亡くなった人々の死骸を埋めろと殺人者に言うが、いっこうにはかどらない。一行は死骸はそのままにして森を出ようと考え始める。
森のこの火災が、この章になると9.11のテロ現場のようにも見えてくる。
後半、私が書いた部分では、一行が森を脱出してから五年後という設定になっている。お互い森で起きたことは絶対口外しないようにと約束している。
火事に遭った森は伐採され、今は平地となって築地市場の移転場所候補地となっている。しかし、かつてそこに死骸が散乱していることを知っているメンバーのひとりは釈然としない。
主人公は人気の都知事になっている。知事も土地の過去については知っているので、築地市場をそこに移転させるのは、どうもよくないとは思っている。そうこうするうちに知事の携帯電話が鳴り、そこをオリンピックの陸上競技施設にするいう決定が勝手に下ったと連絡がある。
知事はその後、百条委員会で殺人者だった過去、火事を起こした張本人として追求され、辞職させられる。
殺人者はオリンピックの年、ラーメン屋となって屋台を引いている。

こうしてリレー戯曲によりおよそ一時間20分の作品が仕上がった。
森下スタジオでは日本版の第一章第二章が続けてリーディングされ、10分の休憩を挟んで日本語版の第三章と英語版の一部がリーディング上演された。
アフタートークでジェスランがこの戯曲を「不安定な時代、世界を描いたもの」と言ったのが印象的だった。その通りだ。
リレーという形式で一本の戯曲が完成をみたのは奇跡的といっていい。
もっともジェスランと私のあいだではなんらかの形でこれを続けていこうといっている。どちらかが死ぬまで。
第一章から第三章までの英語版リーディングはこの11月、ニューヨークで上演される予定である。
三年間の助成支援、セゾン文化財団の皆さま、ありがとうございました。併せて国際文化会館に後援していただきました。ありがとうございました。
なんとかどこかでこの戯曲を日英語併せて印刷物として発表したい。
大相撲春場所、WBCと忙しい週に突入してしまったが、往復書簡、第二章『森にて』について書こうと思う。
タイトルを決めたのは私で、書き出しも今度は私からであった。
19歳で殺人を犯したとされ、十年間服役して出所し心機一転立ち食い寿司を始めたものの、やはり立ち位置が不安定で自殺を決意し、樹海に向かったという設定が『森にて』である。
そこで主人公は同じく死にたいと思いつつ躊躇している自殺志願者や、自殺をしたい人のボランティアだから死ぬのを助けるという奇妙な論理を持つボランティアに遭ったり、ひとりでマグロの解体ショーをやってみたりするうちに、さらに混乱の深みへとはまっていく。
その混乱を受け継いだジェスランの後半は、Xという主人公のアルターエゴを登場させ、実は森の光景とは主人公が獄で見ている妄想で、彼は未だに服役中であるのではないかと思わせる展開を繰り広げていく。終わり近くになるとやはり森にいるらしいという展開になり、どうやら主人公は森に火を放って大火事を起こし、そのために多くの自殺志願者達を焼死させたらしいことがわかってくる。わかってくるというか、それもまた現実か妄想かははっはりしない。難解になっていくのだ。この件が全編中一番難解な箇所だ。物語の種明かしも謎の解明もないままに第二章は終わる。

私の書いた前半部分の英語はサラ・マクドナルドさんが下訳してジェスランに送り、ジェスランはその先を書いた。第一章同様25分ほどの作品となった。
森下スタジオで第一章第二章続けての都合50分ほどの日本語リーディングを私の演出で行い、第二章の一部分の英語リーディングがジェスラン演出で行われた。
数ヶ月後、マンハッタンのラ・ママ・ギャラリエで第一章と第二章の英語リーディングが第一章の時と同様、ジェスラン演出、キャスティングで上演された。
ニューヨークリーディングの模様は当日乗で見ることができる。
第一章は2015年3月「NY日記」で、第二章は201512月「冬のマンハッタン」で。
興味をもたれた方はそちらをご覧ください。
では、続きはまた明日。
最初にこの企画を口にしたのはジェスランのほうからだった。私たちは別のプロジェクトを立ち上げようとしていた頃で、その際に使用するテキストはふたりのリレー戯曲にしようと提案してきた。
私は即座におもしろいと答えた。そのプロジェクトの実現は無しとなったが、リレー戯曲の企画は是非やろうということになり、劇作にとっては多言語への翻訳という作業も常に問題であり重要なので、それをもう一本の柱にしようとなった。
三年前、セゾン文化財団の助成によって『東京/ニューヨーク往復書簡』がスタートした。
第一章『路上にて』のタイトルを提案したのは、私だった。このタイトルならどのようにでも書けるとジェスランは同意した。それ以外、わたしたちは何の事前の打ち合わせもなく、ルール設定もなかった。ただ最初に書くのはジェスランと決めて、時間にしておよそ15分のピースを書き下ろした。観劇している方はわかると思うが、最初からスターバックスのシーンまでだ。それを受けて、私は喫茶ルノワールのシーンから始めて最後までを書いた。ふたつを足して30分ほどの第一章となった。
森下スタジオのワークショップではジェスランと私、参加する日米の俳優四人で下訳をもとに(下訳は英語から日本語は私がやり、日本語から英語は参加俳優の岩崎麻由さんが行った)英語から日本語、日本語から英語の翻訳作業を一日およそ四時間ほどの五日間みっちり行った。
ひとつひとつの台詞を俳優が発語してチェックし、台詞として不自然ではないか、言葉のニュアンスが作家の意図と合っているか、もっと見合った言葉があるのではないかなどなど細かい確認をしながらの濃密な時間だった。
作家が生存しているのだから、こうした翻訳作業が有りなのではないかという探求と実験である。
俳優諸氏は日英バイリンガルの方に集まってもらった。こうしたことに興味を覚える方が集まったのである。ネィティブ・スピーカーは、ニューヨーク英語を理解する方々を人選した。私が書いた日本語の台詞を生きたニューヨークの口語にしたかったからだ。
翻訳された第一章は30分の長さで、日本語版英語版両方が森下スタジオでリーディングされた。
その数ヶ月後英語版がニューヨークのラ・ママ・ギャラリーでジェスランがキャスティングしたニューヨークの俳優達によってリーディングが行われた。
続きはまた明日。
とにもかくにもお客さんが笑って見てくれて非常に嬉しかった。