公演情報
■ティーファクトリー
『クリシェ』
川村毅作・演出・主演
クリシェ_チラシ表web用.jpg 

【公演日】
2020/1/29(水)〜2/2(日)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)

【作・演出】川村毅
【出演】加納幸和(花組芝居)/鈴木裕樹/笠木誠、秋葉陽司(花組芝居)、松原綾央(花組芝居)/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)/川村毅

http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
スギウラムの語る都市伝説によれば、かつて世界中に蔓延したスペイン風邪で日本人の死者が少なくて済んだ訳は日本人が海苔をよく食べていたかららしい。
さらに都市伝説を披露するとオバマ前大統領の夫人ミッシェルさんは男性だという。
さらにこれは、先日サウナに入っていた時の常連のおっさんの主張。
汗かきながら、こりゃどう考えても濃厚接触だなあと思ってたら、おっさんも同じ思いがよぎったらしく、不意に「大丈夫、サウナの高温はウィルスを殺す」と大声でのたまった。
私は関わるまいと黙っていた。
皆さん、今回書かれている事はすべて信じないように。

アメリカはバーニー•サンダースが来てる!
いけいけ、バーニー!
2020-02-25 00:20 この記事だけ表示
コロナ感染に関する情報番組をずっと見ていたら、なんだか具合が悪くなってきた。
がんばろうにも、がんばりようがない。
デフォーの『ペスト』。カミュの『ペスト』。エリア・カザンが監督した『暗黒の恐怖』。感染した犯罪者が街中を逃げ回るのを追う刑事のストーリー。
犯罪者をジャック・パランス、刑事をリチャード・ウィドマークが演じている。
そうした世界に私たちは現在いるということだ。
どうがんばればいいのだろうか。

今吉祥寺アップリンクではアニエス・ヴァルダの映画三本!やっているから見に行きますけどね。
2020-02-24 14:09 この記事だけ表示
それにしてもあまり冗談にしてはいけないが、この時期に寺山修司の『疫病流行記』を上演予定のところがあったら、この上なくタイミング悪し。地震、放射能、台風と散々な目に遭って、お次はコロナときたもんだ。
コロナ本体のみならず、コロナ鬱に気をつけよう。
当たり前のことしか言えない。終息を祈ろう。
2020-02-23 13:25 この記事だけ表示
世田谷で打ち合わせをして、吉祥寺で今度久しぶりに音楽をつくってくれる杉浦英治、世界のスギウラムと打ち合わせ。杉浦、さまざまな都市伝説を炸裂させ、盛り上る、盛り上る。
F86F9678-F4B8-4793-BAF2-86BE76E0664E.jpeg

町口覚氏よりチラシのデザインが送信されてくる。『ノート』、『クリシェ』ともまた違うテイストで素敵だ。
金曜日は旧知の仕掛人からさまざまな仕掛けプラン及び『パラサイト』アカデミー賞の裏話などを聞き、盛り上る。
そんなこんなでコロナに気を遣いつつ、普通に暮らしている。
2020-02-23 12:34 この記事だけ表示
とにかく脚本が巧みだ。時折ベタすぎる小アクシデントによる展開が気になるが、まあ次々に繰り出してくるドラマの波のエネルギーが凄い。
もちろん演出も黒澤明を彷彿とさせる骨太ぶりが、ドラマの荒波をしっかり支える。
脚本も演出も情緒に頼らない構築力で、それが国境を越えるのだろう。
しかしもう一点気になるところを挙げると、この家族の仲の良さ、団結力である。
まあ、ここからヒューマニズム溢れるラストが導かれ、万人受けという成功が獲得されたわけだが、この家族の結びつきは非現実的に思える。みんな、物分かりがいい。
そして見事に悪役がいない。富裕家族も悪意を持って描かれてはいない。
ここらあたりもマジョリティに受け入れられた要因だろう。
2020-02-16 12:04 この記事だけ表示