公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ジム・ジャームッシュの新作ゾンビ映画が公開中止になってしまった。延期なのだろうか。
ゾンビはまさに感染だから、この世界では不謹慎というわけか。
だが、不謹慎というのは個人の気分ではなかろうか。
そもそも興行とは個々人の気分に左右されるものだが、見ていない人間は何も判断できない。
個々人の気分を優先的に考えて、ここは公開して欲しいものだ。
たかだかゾンビ映画に構ってる場合か、不謹慎と非難されるだろうか。
恐らくとことんくだらない映画と想像できる。ジャームッシュの映画はどれも無意味でくだらなくて、それがいつも素晴らしいわけだが、こういうときこそ、疲弊した気分にとっては、一見不必要なものが重要だと思うが。

2020-04-03 12:20 この記事だけ表示
まさに、紛れもなく未曾有の世界。
日々変わる状況。
今のところ公演は予定通りの心づもりでいるが、何が起こってどう変更するか、まったくわからない。
しっかりこの世界、この時代を意識に刻印しておくつもりでいる。
2020-04-02 14:58 この記事だけ表示
日々状況が変わるので、意見を表明してもすぐ無効になってしまう。
大きなことは言えない。
我慢して、がんばろう!
ガンバロウ!
頑張ろう!
GANBARO!
2020-03-30 19:20 この記事だけ表示
短編戯曲を書き継いでいる。
四本になった。
今の空気を書き残しておこうと、『2020年3月』というのも出来上がった。こういう時だったなあ、とこの戯曲を落ち着いて見られる日が早く来ることを望む。
2020-03-29 18:15 この記事だけ表示
昨日、米がなくなったもんで、スーパーに行ったら棚は空なので別の店にのこのこ向かって、そこにはお米はあったものの、買いだめする人々がズラリとレジに並んでて、なんでそんなにミリンを、生理用シートなんで五つもいる、とその意味の無さ、浅ましさに憤り、「買いだめかよ」と呟いてしまって、多分聞こえただろう。ばーさん、振り返ったら意見をしっかり述べようと身構えたが、振り向かなかった。
以前、トイレットペーパーの不足に、なんと日本人はいつもこれに固執するのかと書いたが、この有り様になって、どこの国も同じでオーストラリアでの奪い合いの殴り合いを見て、すまん、日本人。
今週やっとトイレットペーパー、ティッシュを買えたが、まずティッシュが無くなり、鼻水は洗面所で手鼻をして洗い、これで十分用が足りたので、ウンコも風呂で尻洗いかと半ば決意していたところ、吉祥寺通りのドラッグストアで見つけた。

映画、読書、執筆の日々。
大して普段と変わらないってことか。
クロード・ルルーシュの『男と女 人生最良の日』は感動的なファンタジーだった。
ペーター・ヴァイス、ホーホフートを読みまくる。
いろいろ言いたいことがあるが、ここではやめとこう。
すべて舞台に昇華させよう。

『4』、やりますよ。
2020-03-27 11:29 この記事だけ表示