公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
昨年、ソウルで上演された「4」が同メンバーで、グルードアップされ、ソウル演劇祭に参加上演される。
5月4日から13日、大学路のアートワン・シアター3館ということである。見に行くつもりです。とても楽しみだ。
2018-04-19 20:23 この記事だけ表示
いい俳優は舞台の時間を決して停滞させない。これは技術だ。
技術がないと、解釈によって台詞を減速させ停滞させ、結果的に感情ばかりが突出してしまう。解釈は正しいはずなのに、表出するとそうなってしまう。目立つのは本人の感情ばかりで、台詞は本人の思惑とは裏腹にないがしろにされる。
そういったエンジェルスを何度か見させられた。なんだかさして面白くもない戯曲だと思えてしまうところ、吉祥寺オデヲンのこれは全くオーケーだ。
言いたくはないが技術の問題だ。

それにしても800円のパンフの中身の薄さはどうしたものだろう。
もっと色々な記事を考えられただろうに。いかにもやっつけだ。日本の舞台芸術の文化的民度の低さが丸出しだ。
2018-04-13 12:46 この記事だけ表示
去年ロンドンに行った時、話題になっていて、この間のニューヨークでもトピックだったクシュナーのこの芝居を吉祥寺オデヲンで映像で見たが、実に面白い。演出のキレがいい。そして俳優陣がいい。ロイ・コーンとハーパーをやるのはけっこう難しい。なぜか日本の上演では若くて痩せた俳優がロイ・コーンをやるケースが多いが、じつに貧相だ。
この劇のユーモア、ウイットもなかなかに日本人には難しいとあらためて思った。
ただでさえ滅多に劇場で笑わない日本の観客席だ。エンジェルスに笑えというのは土台無理な話だろう。
2018-04-13 01:21 この記事だけ表示
DISTANT OBSERVER は決してわかりやすい舞台ではない。上演してどういう反応がくるのか、予想がつかなかった。予想以上に好評を博した。ニューヨーク、マンハッタンのパフォーミング・アーツはしっかり生きている。
こんな事は言いたくはないが、どうしても東京と比べてしまう。自分達がわからないと決めると即座に扉を閉ざしてしまう文化全般の状況である。
そして未だに欧米輸入戯曲を無批判に有り難がる。まあこれは日本の劇作家が頑張らなければという事だが、それにしても日本人の咀嚼力は、無用な物は排除という間違ったプラグマティズムによって、ますます弱っていく。大丈夫か、ニッポン・カルチャー!
マンガ、アニメだけではないぞよ、と、やろうぜ、ニッポン・パフォーミング・アーツ!

2018-04-04 12:30 この記事だけ表示
千秋楽の写真が送られてきた。
終わった。実にワンダフルな日々だった。

4850DD3B-2721-4117-AEE3-8F041D885A1B.png
2018-04-02 14:09 この記事だけ表示