公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【公演日】
2021/8/18(水)〜24(火)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2021/8/28(土)〜29(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
デイヴィッド・バーンと共に稽古場に来たのは、イメージフォーラムの富山さんでした。
川中さんでも間違いではないのですが。

0E47C288-9C49-4D55-80DE-128BF1E9FF69.jpeg
2021-09-17 12:22 この記事だけ表示
デイヴィッド・バーンのブロードウエイ・ライヴショーをスパイク・リーが再構成したものと聞いて期待した。
バーンのニュー・アルバムであるというこれら曲群を耳で聞いただけでは、おそらく何も面白くなかったと推測する。
ショー構成で見て、聞くと、本当に興奮して、思わず座席から立ち上がり、曲終わりには拍手したくなるのを何度も抑えた。大げさに書いてはいない。
しかし、終わりはなんだか党大会イヴェントのように思えた。全否定はしませんがね。
確かに、「選挙にいこう」というスローガンはここ日本で私も声を大にしていいたいが、劇の終わりにそれを訴えようとは思わない。
音楽ショーだから可能なことだ。いや、演劇でも可能だが、それでやると著しくプロパガンダとして堕する。訴えていることの中身とは関係ない。

実はデイヴィッド・バーンとは1987年、私が二十歳代の折り、本人に会っている。
オムニバス映画のなかの一篇を日本で撮りたい、日本人のキャストを探していると、イメージフォーラムの川中さんから連絡があり、バーンは川中さんたちと、当時『フリークス』のリハーサル中だった五反田の稽古場に現れたのである。
パルコパート3で上演した初演の『フリークス』である。年を正確に覚えているのは、そのためである。
構想している映画の絵コンテも見せてもらった。
ストーリー性のない、ほとんど幻想譚で、怪異だった。雪の中、登場人物が列車と激突して生首が飛んだりする。
線路わきに首が転がり、白い雪に血が飛沫する。
デイヴィッド・バーンは一言もしゃべらず、挨拶も交わそうとせず、しかし稽古を始めると食い入るようにして見入っていた。
エラソーな輩だと思いつつ、私は彼を観察していた。トーキング・ヘッズは知っていたが、バーン自身のことはあまり知らなかった。
よく知っている劇団員がいて、バーンが来ると聞いて心底狂喜し、サインをもらおうとLPアルバムまで用意していたが、結局言い出せなかった。
バーンは思いの外上機嫌で稽古場を去っていった。そんな顔をしていた。
その後、映画制作が中止になったと川中さんから連絡があった。
生首が飛んだりと、残酷すぎるから変えてくれとプロデューサーが言ったもののバーンが拒否したということだった。
映画を見ながら34年前のことを思い出していた。
このことは初めて書くエピソードかも知れない。
まだ書いていない、「えっ」と人が思うかも知れない挿話をけっこう抱えている。


2021-09-16 14:09 この記事だけ表示
『4』の京都公演が終わって二週間が経った。
本当にこれで感染者を出すことなく、終えられた。

私は今台詞の荒野の真っ只中におります。
大相撲は観ておりません。
ちょいと観たが、もう結果が見えてしまってる。大相撲、危機だ。
2021-09-14 19:24 この記事だけ表示
ナイト・シャマランの新作『OLD 』を見ました。
やってくれてます。荒唐無稽を力技で見せ切り、観客はねじ伏せられる。シャマラン映画の快感。
オチも本当にくだらないが、これでいいのだ。
新鋭アリ・アスターに負けてない。
アメリカン・ホラーの進化は進む。
ジャパニーズ・ホラーを内包させての進化である。
2021-09-13 21:45 この記事だけ表示
冷たい雨の日々、ぼんやりとしている。
動き始めるのは来週からと決めている。
若松英輔氏の『小林秀雄 美しい花』を読んでいる。やたらと面白い。
これまで語られ、論じられてきた小林秀雄が新たな貌で顕れる。知らないことだらけだったとわかる。実にしっくりくる。今の心象にぴったりの本だ。

55F82F58-C6CE-4BDC-9CB8-B11ED5CD125E.jpeg
2021-09-04 21:34 この記事だけ表示