公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日本だわ。湿度だわ。
機内で見た映画、『ラ・ラ・ランド』、『パセンジャー』、『淵に立つ』。
iPadで『百円の恋』、ケン・ローチの二本。
今スカイライナー。後ろの男たち、デンマーク人だかポーランド人だか興奮状態でうるさい。
午後、テートブリテンのターナー・コレクションに行く。
これで今回の目的は果たした。ターナーの実物を確かめたかった。
今日は曇天だが、今回散策には絶好の気候だった。暑すぎたり寒すぎたりだとこうスムーズには物事いかない。
しかし草臥れた。20代30代のようにはもはやいかないと実感する。
昼間美術館を周り、夜芝居を見るなど東京でもやらないことだ。旅先では興奮状態にあるから若い頃は平気でこなすのだが、そろそろ怪しくなってきた。一日にやることはひとつがいい。

とは言いつつも夕刻ピーターの友人のアラン氏のレクチャーを聴きにロンドン大学に向かう。
テーマはなんと浅川マキである!浅川マキと60年代アングラカルチャー及び演歌とブルースの兼ね合いについてである。実に興味深い。浅川マキのライブ映像も流された。1992年文芸座ルピリエでのライブである。
ロンドンの教室で「都会に雨が降るころ」を聴く不思議さ。
快晴。ぶらぶらうろうろするのに絶好の気候。
コートールド・ギャラリー。印象派揃い踏みの美術館。
セザンヌ、ゴッホ、モネ、マネ、シスレー、スーラ、ピサロ、ドガ、ロートレック、モディリアニ、スーチン。
ゲップ状態のところ、ウォルター・シッカートに釘付けになる。パトリシア・コーンウェルから切り裂きジャックの真犯人と名指しされた画家の絵4点が、はぐれ者のごとく狭い一画に飾られている。私にとってこの画家は発見だ。
集中するうちに眩暈がし始めたのでホテルに戻り、しばし休む。
夜、オールビーのthe goatを見る。観客はこの芝居に爆笑するのである。
ホテル最寄りの駅を降りてエスカレーターに
乗っていると、後ろにいたおばさんから声を掛けられる。
「今の劇どうだった?あなたは劇場から地下鉄まで一緒だったから聞くんだけど」
「笑いすぎじゃないすか」
「主人公の建築家の、不眠症で頭のおかしくなった世界だわよ。建築家って世界を牛耳っていると思いがちでしょ。それが壊れるわけよ。あなたは建築家?」
「私は劇作家です」
「そうかい。あんたも気をつけなよ」
とおばさんは笑って去っていくのであった。
ホテルに戻ってBBCをつけるとマンチェスターのコンサート会場の爆破騒ぎである。
今朝もテレビはずっとこのニュースである。
空港の入国審査が厳しくなるわけである。
アラブ系の人は子供連れの母親でも何やら長々質問されていた。
ディケンズ博物館に入り、売られていたNIGHT WALKSを買う。ぶらぶらして本屋を見つけ、ジョン・オズボーン、ハロルド・ピンター、サラ・ケインを買う。今さらだが、ここいらは原書が手元にあると心強く、何かと便利だろう。

IMG_5180.JPG
トラファルガーではこんなことやっている。

IMG_5181.JPG
パブで一杯。このセブンスターパブ、古くて最高の雰囲気である。
二階のトイレに向かうゴールデン街の飲み屋のような階段を上がると、
IMG_5183.JPG
愛ちゃんがいた。
IMG_5184.JPG
遊んでばっかじゃねーかって?
そう遊んでばっか。だって着いたの土曜で今日日曜。誰も働いてねーよ。
昨日の夕方に着く。まあこうした時代だから出入国に時間がかかる。かなりぐったりしたがホテルチェックイン後、地下鉄に乗ってピカデリーサーカス辺りをぶらついて、再びラッセルスクエアじ戻り、土曜の晩で賑わうパブでギネスを一杯。