公演情報
■ティーファクトリー
川村毅構成・演出
『ヘルマン』
ヘルマン_チラシ表web用.jpg
2024/1/18(木)〜1/28(日)
【会場】
吉祥寺シアター
ティーファクトリーHP
・・・・・
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【NHKプレミアムステージ】
2021/11/7(日)23:20〜翌1:31
NHKプレミアムステージ
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
CD/DVD/BOOK情報
戯曲本_z.jpg
1200円+税
―――――――
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
―――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
秘話というには大袈裟だか、一本のカセットテープがある。説明箇所には「唐十郎、ジョン・シルバーを歌う。2001年9月21日、くぐつ草、7時」とある。
当時私は早稲田大学に客員教授として勤めていて、授業で唐十郎氏の『ジョン・シルバー』を取り上げるに当たって劇中数曲ある歌の旋律を知りたいと、氏に電話すると快諾してくれた。
「譜面か何かありますか」と聞くと、「ぼくが歌う」と言うので小さなカセットレコーダー(時代だよなあ)を用意して指定された吉祥寺のくぐつ草に向かった。
ここで大音声かと一瞬戦慄したが、そういうことではなく、テープには抑えた声量で楽しげに劇中歌全曲を歌う氏の声が録音されている。
聞きながら、これはいろいろな意味で貴重な資料になると思ったのも確かだった。
それから、「タケシ、時間あるかい」という一声から阿佐ヶ谷に向かい、焼き鳥屋から始まってハシゴ酒をした。次第に酩酊に向かう氏と語らい、騒ぎ、改めてこれが唐十郎酔いかと感じ入った。
帰り際、こちらもいい加減酔っ払っていたからよく覚えていないのだが、当時の阿佐ヶ谷の地下通路みたいな場所で氏が不意に立ち止まり、もろ肌脱ぐように上着をずらし、殺気だった目でこちらを睨み、「おれの血潮が沸き立つぜ」と叫ぶので、一瞬ケンカを吹っかけてきたのかと構えつつ、「おう、そうですか」と応じると、「タケシ、おれはやるぞ」と上着を着直した。
翌日の午前中、美和子さんから電話が掛かってきて、何事かと思うと、昨日唐さんがコートを飲み屋に忘れてきたようなので、昨夜の導線を教えて欲しい、けっこういいコートなので、ということで、あの店行ってこの店は入店断られてと報告した。
すると電話は唐さんに代わり、「昨日ぼく君に失礼なことしなかったかな?」と聞かれ、「いえいえ唐さん楽しゅうございました」と答えつつ、ここでもなるほどこれが唐十郎かと感動していた。

唐さんが倒れる前の数年は、テント詣は行ったり行かなかったりだった。
上演後は必ずテント飲みがある。唐さんを中心にして、唐十郎が大好きな人々が取り囲む。
その男たちが唐さんへの愛は自分が一番とばかりに張り合うのがこの飲み会なので、もうなんだか鬱陶しくなって、これが嫌さで足が遠のき気味になったのだった。
そうしたこちらの思いも敏感な唐さんは悟っていたと思う。

などと思い出しつつ、カセットテープの歌声を聴く。

IMG_2596.jpeg
1998年、私は唐十郎氏を主演に迎えて、ベケットの小説をタイトルに冠したベケット・タペストリーとでもいうような舞台を作・演出している。
唐氏が俳優として単体で出演している稀有な舞台だ。しっかり舞台映像は残っているので、機会があれば発表したい。興味ある方は手を挙げていただきたい。
神奈川の財団が主催したこのベケット企画はピーター・ブルックの『ハッピー・デイズ』招聘を中心にされており、依頼された私はピーターがなんぼのもんじゃいと対抗するには唐さんだと思い、その思いをそのまま手紙にしたため送ったところ、快諾いただいたのである。
ビジュアル撮影時には当時四歳の佐助君が同行していた。
当公演の詳細は現在ティーファクトリー日乗で掲載されているので、ジャンプしてみてください。
当時のチラシが見られます。
IMG_8237.jpeg
新宿三丁目。
小夏19歳(推定)、耳は2年前から聞こえず、目は今年見えなくなった。不意にその日、お昼寝から起きたら、あらぬ方向に歩き、壁に鼻をぶつけ、うろうろする。脳障害かと思った。
次にこたつから出たと思うとすぐにその場で放尿しだし、愕然とした。それから何度となくお粗相した。しかしウンコはきちんとおトイレにするので、小便の場合おトイレを見つけるのが間に合わないのだとわかった。
鼻炎が治って鼻が効きだしたためか、或いは慣れてきたせいか、小便も間に合って出来るようになった。季節が暖かくなるにつれ、食欲も戻り、あちこち鼻をぶつけながらゆっくり歩く、その姿がなんとも可愛い、お婆さん猫になった。
朝早く鳴くようになった。ご飯を食べると落ち着くので、何事も猫中心の家の生活も、ここにきて新たなフェーズに入った。早起きの早い朝食だ。愛も睦ももちろんこれに異存はない。パクパク食べてまたぐーぐー寝る。
思い返せば、最初家の庭に現れた界隈の女王小夏は歯が欠けていて、短い尻尾はどこかで切断された末と想像できた。
3度の出産(推定)をし、2年前には乳腺ガンの手術もし、今聴覚視覚を失って、しかしゆっくりあちこちぶつかりつつ目的地に辿り着く姿に人間は感銘している。
なんと生命力の強い猫だろう。
娘である愛、睦も来月は17歳、こちらももう立派なおばあさんで、大腸炎だ膀胱炎だと忙しいが、基本元気だ。母乳で育った猫は免疫力が強いという。小夏もまたそうなのだろう。
こうした三猫屋敷です。
IMG_8166.jpeg
IMG_8162.jpeg
小夏二態。
唐組を観に鬼子母神へ。
座長を亡くして何か新たなフェーズに入った感あり。不思議な充実感。また今後の唐組の成熟を予感させる舞台だった。
観劇後久しぶりに社務所の飲み会に加わる。
客演の内藤裕敬とも十何年ぶりの再会。
久保井たちと唐十郎論、思い出話をわいわいやる。
帰り道、雑司ヶ谷の夜の空気が気持ちよかった。