公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
中学高校の体育教師は常に天敵だったので、おかげさまでスポーツをやるのが大嫌いな人間になりました。
しかし、見るのは大好きで、最近はもっぱら日本の大相撲を見、Youtubeで貴闘力部屋を見て情報を得て楽しんでいます。
あと外国の野球です。今日も外国の野球でピッチングをする大谷翔平を見ていたら、なんと一イニングでボークを二回も取られているんです。
一回目など明らかに主審の見間違いです。これはいじめ。アメリカ審判団は大谷つぶしにかかっています。G7で議題に挙げていただきたい。
しかし、その後守備を外野に回った大谷が、ボーク判定した審判に駆け寄り、何やら話していました。
解説の大島氏は、こういう声かけは審判も喜ぶし、大事だとコメントしていました。
大谷って、さすが。大人ですねえ。こういうこと出来るか出来ないかで、人間の器量が測れますねえ。
大谷つぶしは、これから増えるでしょうね。アメリカンドリームじゃないからね。
器がでかいようでせこい。それがアメリカ。
2021-06-12 15:40 この記事だけ表示
友人から電話がくる。
「川村さん、ワクチン絶対やんないほうがいいっすよ」
彼によれば、抗体を作るワクチンの接種前に、まず抗体検査をやるべきであり、有効性も不明が多すぎる。そもそも菅首相が打ってたのはビタミン剤で、それは注射針の太さからわかるという。まあ、あまり真剣に読まないでください。
とにかく、彼は天皇が打つまで打たないという。一理あり。

スカパー!で『ニュー・ポープ』が始まった。前シーズンの『ヤング・ポープ』は物珍しさから見入ったが、シーズン2ともなると、馬鹿々々しくて見ていられない。稚拙なシナリオをスタイリッシュな演出と豪華な衣装でごまかしてばかりで、前作だとそれでごまかしきれたのだが、もうちょっと付き合いきれない。ジョン・マルコビッチがモデルを務めるファッションショーでしかない。
パオロ・ソレンティーノの本質的な弱点が露呈したとも言える。つまり、ただただ演出がキレイキレイというだけと、『グレート・ビューティー』にも『グラン・フィナーレ』にも悪態をつきたくなる。

ナイト・シャマランの新作『オールド』が八月下旬上映予定だが、ひどく楽しみだ。
『ヴィレッジ』といい『ビジット』といい、この人はCG処理には手を付けず、手作りのホラーを地道にこねこねして見せてくれるので、実にいい。もう設定のアイデアを聞いただけでワクワクする。

なんだかんだ言って、自粛期間というのは全国カンヅメ状態になれということで、執筆にとっては最適であった。
2021-06-12 13:57 この記事だけ表示
昨日、あうるすぽっとで、『テンペスト』を観て、涙腺がゆるゆるになって、ウルウルしてしまった。
演劇を観てこういうことは滅多にない。
ひとつには、コロナ禍での演劇人としての、さまざまな思いへの共感。
ふたつには、演者たちの、舞台への溢れる熱意だ。
これだけではわからない、って?
観ればわかる。
2021-06-03 19:56 この記事だけ表示
以前告知した『4』のプレイヴェントを6月27日、あうるすぽっと、会議室で14時より開催します。『4』の海外での公演の事等々、『4』の軌跡を私が語ります。
みなさん、お気軽に遊びに来てください。
6日から予約受付の予定です。

ところで人と会う時必ずワクチン接種の話題になります。打った?と聞かれると、失礼な、まだ61歳、と憤る自分がちっちぇえと思う。
2021-06-02 18:24 この記事だけ表示
ところで二日間にわたるワークショップオーディション。
参加の皆様、お疲れ様でした。
とても水準の高いものになり、感激しています。
様々な方の熱意と出会えました。
いろいろ考えております。しばしお待ちを。
2021-05-25 13:02 この記事だけ表示